カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【告知】シメンソカ第二回グループ展『ヤブレカブレ2』 
2015/12/06 /07:05
2015banner100.jpg

※開催期間まで、この記事がTOPに設定されています。

2013年のヤブレカブレ展からほぼ2年。
シメンソカとして2回目のグループ展を開催する事にしました。
場所は前回と同じ原宿のデザインフェスタギャラリーEast202号室。

万障お繰り合わせの上お越し下さいm(_ _)m

【開催日時】
12/4 (金) 15:30 - 20:00
12/5 (土) 11:00 - 20:00
12/6 (日) 11:00 - 1800
※全日とも時間が異なります、ご注意ください

【開催場所】
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-20-18
03-3479-1442
原宿駅徒歩5分 表参道駅徒歩9分

【写真集団シメンソカ メンバー】
矢野巌
松崎ヒロノブ
KaoRin
椿原桜果

【最新情報はコチラ、シメンソカURL】
http://shimensoka4.blog.fc2.com/

【ギャラリーURL】
http://www.designfestagallery.com/form_jp/gallery/exhibitors/list.php?y=2015&m=12
▼READ MORE
未分類 * Trackback(0) * Comment(1) * Page top↑


【うつゆみこWS】第5回猫騙し写真会「嘘つきセルフポートレート」 
2015/05/09 /07:05
先日に引き続き、うつゆみこさんのWSへ再び参加した。

前回はコチラ『【うつゆみこWS】第1回猫騙し写真会

前回のミニチュアや本を使った写真とは異なり、なんとセルフポートレート!
自宅兼教室の近くが日暮里繊維街ということで、そこで各自が布を用意し、
その布を使って貫頭衣やら遊びながら撮り合おうという企画。

・今回の参加者は3名
・1-2mの布を各自3種、マスクなど若干の小物類あり
・撮影地は荒川土手
・撮影は昼と夜にそれぞれ

まずは教室で、イメージを膨らましながら布を選ぶ。
普段は身にまとう前提で布を選ぶことはないので、これが非常に難しかった。
結局各自の分では足らず、大量の布コレクションの中から何枚も素敵な布を貸して頂いた。

そして荒川土手へ。
貫頭衣など3人とも初めてな訳で、悪戦苦闘しながらも巻いていくとアラ不思議。
意外と形になっていく。
こんな時に女性は苦もなく出来てしまうのだから面白い。

DSCF9415_R_R.jpg

意外だったのが土手という場所。
砂利、草むら、木、橋の下、土手、道路、猫、
半径50メートル以内でも実に豊かなロケーションが存在している。
あそこがいい、ここがいいと場所を探しては撮る。

花をくわえたり、
草むらに突撃したり、
地面と同化したり、
木々と語り合ったり、
土手を転げ落ちたり、

DSCF9443_R_R.jpg

DSCF9489_R_R.jpg

11144427_868307163234563_4199069230911017767_o.jpg

DSCF9465_R_R.jpg

3人が暴走している中でも、背中に愛娘を搭載し、レフ板と三脚を担ぎながら
冷静に反射光やら露出を常に見ていて下さるので、安心していられる。

それぞれがモデルになりつつ撮り合うと、時間は幾らあっても足りない。
あっという間に日が暮れてしまい、ひとまず教室へ撤収。
手作りの暖かな夕飯に涙を流したところで、夜の荒川へ再出発。

DSCF9548_R_R.jpg

昼とは違った表情を見せる土手に、我々も表情を変える。

DSCF9573_R_R.jpg

DSCF9564_R_R.jpg

暴走を繰り広げる我々を横目に、やはり露光や、周囲の危険などに気を配ってくださるので、
安心して暗闇を楽しむことができた。

ビジュアル的な着地点はともかく、、普段やらないことを楽しむという点では、
3人とも心ゆくまで楽しんだWSだったのではなかろうか。

うつゆみこBLOG『うつゆみこの日々のこまごま2

***

ポトレ的な作品はこちら↓。

DSCF9572_R_R.jpg

DSCF9583_R_R.jpg

DSCF9568_R_R.jpg

11143449_868292753236004_3346663003364665701_o.jpg

10498057_868307156567897_3276264122391285850_o.jpg

tumblr_nniw4gMi9R1qapo5yo1_1280.jpg

未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【うつゆみこWS】第1回猫騙し写真会 
2015/04/06 /07:05
ひとつぼ展(現1-WALL)グランプリ、写真新世紀入賞などの経歴を持ち、
写真集『はこぶねのそと』などでも知られる気鋭の写真家うつゆみこさん。
彼女の作り出すグロテスクなのにユーモアに富んだ世界は真似できない。
(参考までに彼女の作品を↓)

81QId4NEGzL.jpg

2-51XbCVzu1VL.jpg

そんな彼女が自宅を使いWSを行うという。
もともと数名の少人数向けWSの第1回ということもあり、今回は僕1人の贅沢なWS。

朝10時から愛娘を背に笑顔で出迎えてくださった彼女の自宅は、夫婦と子供たちの気配に満ちた柔らかな空間。
リビングのテーブルに用意してあったのは、

・今回の題材である人形(大きさ1-2cm)200体前後
・彩色用のパレット
・絵筆
・彩色用の溶剤

DSCF6762.jpg

人形はいわゆるジオラマに使われるタイプのもので、無彩色の物の中から好きな物を3つを選ぶ。
それに対して自由に彩色を施すのだが、これが本当に難しい。
米粒より少し大きい程度の人形を指先につまみ、絵筆の先でチョコチョコと色を塗る。
色を塗ったら乾かし、重ね塗りで色に厚みを持たせ、最終的には顔の表情を出すために目や唇まで塗る。
塗り方、姿勢など細かなコツを教えてくださるが、これはやってみなければ分からないことばかり。
『目を入れることで魂が入るんですヨ!』とのアドバイスも、実際に塗ってみて納得。

DSCF6789.jpg

彩色が不慣れな上に、ついつい話すのも楽しく、随分と時間が掛かってしまった。
その間にもお茶や昼食を出してくださったり。
ラジオからの音と子供の声が響く優しい時間は、WSというより親戚の家に遊びに来たような錯覚を覚えてしまう。

手作りの美味しい昼食を食べて気がつけば残り時間1時間半。

DSCF6784.jpg

予めどんな作品を作りたいというイメージを膨らませ、
本棚にある多くの写真集や資料集の中から、イメージに合う物を選択。
僕が選んだのは和を感じさせる本。
本を開いてライティングしながら先ほどの人形を配置し、世界を作り上げていく。

IMG_1066.jpg

本を撮り終わったら、次は食材。
引き出しのたくさんのキッチュな皿から1枚を選び、クラッカーと人形を上手いこと盛付けて、
これまたライティングをしながら撮影。

DSCF6806.jpg

IMG_1080.jpg

それが終わると、今度は壁一面の引き出しの中から、布やら化石やら昆虫やらカブトガニやらヒトデやらが現れた!
分かっちゃいても実際に目にすると動揺する。
穏やかな民家の、穏やかな昼下がりに突然現れる非日常。この飛距離がまさにはこぶねのそと。

ある意味でここからが本番なのかも知れない。
僕は勧められる中からヒトデを手に取り、撮影を開始した。
すると今度は、ニコニコしながらラメの布を差し出してくださる。
『これがマクロだといい感じになるんです』と。
まさかと思いつつ、マクロで撮ってみるとアラ不思議。
銀色に輝く水平線が目の前に現れて、平凡な老夫婦の人形はあっという間に波間を漂い始めた。

IMG_1091.jpg

これがイメージの世界というものか。
僅か2cmに満たない人形を中心として、水平線の彼方まで見えてくる。
ファインダーという狭い視界の中に、無限の世界が広がっていく。
普段はスナップでその場の状況に任せて撮っている僕にとって、全てが新鮮な世界だった。

これだけの濃いWSながら、受講料は5000円。
価格は2-3人の人数や内容によっても上下するそうだが、破格と言える。
WSの内容は他にも、市場で魚介類を仕入れての撮影や、布を買ってのセルフなどなど。
想像力に彩られた、たくさんのコースがある模様。

彼女の作品が好きな方にも、昆虫嫌いを克服したい方にも、単に興味があるだけの方にもオススメ。
WSの情報はこちらから『うつゆみこの日々のこまごま2
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【レポート】第二回 互いのポートフォリオについて言い合う会 
2014/08/04 /22:09
昨年の同時期に開催し、各方面から反響をいただいた同イベント。
今回も暑さに負けず集合した7人の猛者が、互いのポートフォリオについてレビューを交し合いました。

運営方法はは昨年とほぼ同様。
【ルール】
・参加者は『レビューを受ける側』『レビュワー』という2つの役割を同時に担う
・他人の作品をレビューする時は『どうやったらより良くなるか?』を考えながら観る
・作品についての言い合ったとしても、レビューが終わればノーサイド
・レビューの巧拙を競う場ではないので、何でも感じたことを言葉にしてみる

【進行方法】
①全員のポートフォリオを観て回る
 -終わった後に観てないポートフォリオがないということを防止するため
②クジ引きで2人1組を作って貰い、各組で相互レビューを行う(25分)
 同じ方法で3セット、組合せを変えてレビューを行う
 -知合い同士での組合せで遠慮がちになるのを防止するため
 -相手に声を掛けるのが得意でない人にも平等に機会を与えるため
③残り時間はフリーで組み、心ゆくまでレビューし合う

DSCF4884.jpg

DSCF4886.jpg

最初は固さのあった参加者も、1回目のレビューが終わる頃には熱がこもりはじめ、
2回目のレビューを終える頃には、終了時刻の掛け声が掛かっても話が止まることはありませんでした。
3回目からフリーレビュータイムにかけては、各々が半ば自主的に動き始め、
互いの作品について自由に、各人の持ちうる表現方法で話し合えていたように感じられました。

DSCF4922.jpg

DSCF4916.jpg

この会を通じて痛感するのは、自分の作品/他人の作品に関わらず、
自分の作品を口に出して説明することの大切さ。
相手の作品について感じたことを言葉に乗せて伝えることの難しさ。
そして何より、普段は言いにくいであろう率直な意見を、ちゃんと伝えることの困難さです。

作品を発表する上で自由に表現しようとすればするほど、
写真を撮る以外での言語部分が如何に大きな比率を占めるかという事が、ここで露わになります。

感性を言葉に落とし込み、それを素直に表現するための心のガードを開くこと。
このプロセスは場数を踏んで慣らしていく他ありません。

とある参加者の声として、『矢野さん、しばらく写真が撮れなくなるかも知れません。』という言葉がありました。
僕はそれが本人にとって一番の成果ではないかと考えています。
そこまで初めて自分の中にフィードバックしながら作品と向き合えたということなのですから。

参加した人が前向きな悩みを持ち帰って、自分の作品に活かしていくキッカケをつかめるような、
そんな会を目指して、次回も開催予定です。

一緒に言い合いたい方達の参加を、心待ちにしています。
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【お詫び】お誘いいただいているイベントについて 
2014/03/30 /07:05
写真関係の皆様、日頃より大変お世話になっております。
日々FB/Twitter/mail等で展示会のお誘いを多く頂いておりますが、
今年一杯は多忙のため伺うことが非常に難しい状況です。
過去に自分の展示に来て頂いた皆様にも、大変申し訳なく思います・・。
何卒ご容赦の程、宜しくお願いいたします。
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【☆御礼☆】シメンソカ第一回展示会『ヤブレカブレ』 
2013/12/02 /07:05
写真集団シメンソカ、約2年間の集大成とも言うべき第1回グループ展『ヤブレカブレ』が終了しました。
正味2日半の短い期間にも関わらず、優に300名を超す方々にご来場いただきました。
デザインフェスタギャラリーのスタッフ曰く
『写真展でこれだけ人が入っているのは見たことがない』とのことで、
(デザフェスギャラリーブログ)
この場を借りてご来場の皆さま全てに改めて御礼申し上げます。

ご来場時に皆さまにご記入いただいたメッセージも200枚以上にのぼり、
いずれも各メンバーへの暖かい応援や、愛のある叱咤激励でした。
全てのメッセージは各メンバーにコピーして、大切な宝物として保管いたします。

メンバーの誰も写真家として身を立てているわけではなく、
アマチュア故の甘さや至らなさは多々あったかと思いますが、
写真へ真剣に取り組んでいく姿勢は常に持ち続け、よりキュレーションやコンセプトも磨き上げて、
さらに皆さまの眼と頭と、そして心を楽しませるような作品作りに取り組んでいく所存であります。

今後とも皆さまの暖かいご支援と叱咤激励の程、何卒宜しくお願いいたします。

DSCF2650.jpg

DSCF2938.jpg

DSCF2967.jpg
▼READ MORE
未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


【レポート】第一回 互いのポートフォリオについて言い合う会 
2013/08/23 /20:30
普段なかなか自分のポートフォリオについて率直な意見を聞く場はなく、
じっくり観て貰うことも、観ることも、意外に難しいものです。そこで開催したのがこの会。

変則的な日程にも関わらず、有難いことに11名(自分を含む)の参加があり、
仕事を休んだ猛者も2名という、極めて熱い会になりました。

DSCF8334.jpg

しかし、ただポートフォリオを持ち寄っても漫然と終わってしまうのは明らかなので、
開催にあたって幾つかルール設定を行いました。
会場で配布したレジュメと説明を要約すると、こんな内容になります。

【ルール】
・参加者は『レビューを受ける側』『レビュワー』という2つの役割を同時に担う
・他人の作品をレビューする時は『どうやったらより良くなるか?』を考えながら観る
・作品についての言い合ったとしても、レビューが終わればノーサイド
・レビューの巧拙を競う場ではないので、何でも感じたことを言葉にしてみる

【進行方法】
①全員のポートフォリオを観て回る
 -終わった後に観てないポートフォリオがないということを防止するため
②クジ引きで2人1組を作って貰い、各組で相互レビューを行う(20分)
 同じ方法で3セット、組合せを変えてレビューを行う
 -知合い同士での組合せで遠慮がちになるのを防止するため
 -相手に声を掛けるのが得意でない人にも平等に機会を与えるため
③残り時間はフリーで組み、心ゆくまでレビューし合う

DSCF8359.jpg

①の頃には固さのあった参加者も、②のレビューが始まると徐々に集中しはじめ、
1回目のレビューが終わる頃には、すっかりエンジンが掛かった様子。
3回目のレビューが終わった時には、僕が終了の声を掛けても耳に入らない人が多数でした。

③の時間が終わっても物足りない様子だったので、そのまま近場に場所を移しての二次会へ。
最終的に解散したのは20時。
13時に開始してから実に7時間に渡り、ひたすら写真の話をし続けるという濃密な時間となったのです。

企画者としては進行に反省点も多々あり、各参加者が何を感じたのかまでは分からないのですが、
こういう場を欲している人が少なからずいること。
それが集まれば面白い企画をたくさん打っていけそうであることが分かりました。

僕自身も学ぶところが多々あり、さっそく第二回について案を練っていきたいと思います。

DSCF8363.jpg

DSCF8378.jpg

DSCF8366.jpg

DSCF8400.jpg
未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


【募集】互いのポートフォリオについて言い合う会 
2013/08/12 /20:30


▼READ MORE
未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑




xx HOME xx