カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【写真は人を救うか】ということについて 夏野葉月さん 
2013/03/05 /19:00
夏野葉月さんという方の写真展を観た。
展示写真は極めて私的なもので、詳しくは書かない。
複雑な事情の中で一度は人生を諦めかけた彼女が今に至るまでの作品が並んでいた。

ファッションとしての自傷行為でなく、人間がまさに力尽きようとしたところからの出発。、
病室や家庭での写真、いずれも尋常ならぬテンションが静かに、美しく作品から伝わってくるが、
そこで確信するのは彼女が今こうして自分の前に立っているのは、間違いなく写真があったからだということ。

写真をやる人間というのは不思議な習性があって、いかなる瞬間もカメラで残そうとする。
例え自分に降りかかる絶望や災厄であっても、どこかで残そうとする第4の本能がある。
僕自身、本当に辛い時期にもカメラだけは手放さなかった。

目の前の現実に心のメーターが振り切れそうになる時、
ファインダー越しに世界を捉えてシャッターを切ることで、張り裂けそうな心が解けていくような、
そんな感覚を味わったことがある写真家は多いのではなかろうか。

様々な出来事に視界を奪われようとも、自分が何を写し取るかだけは何物にも制約を受けない。
狭いファインダーの中に、無限の拡がりがある。
それは固く閉じた心から世界へ通じる、小さいけれど確かに繋がっている出口。
逆もまた然りかも知れないが。

写真を撮るということは光を認識すること、つまりそれはシャッターを切って世界を再認識することでもある。
彼女の作品はカメラを通じて世界を写し、何度も見返すことがなければ生まれることのなかったもの。
絶望だらけに見えた暗闇の世界に一条の光を見出し、微かな光をファインダー越しに手繰り寄せた。
まさに蜘蛛の糸のように。
産まれた作品は人の目に留まり、不思議な縁を産み、やがて多くの人に伝わろうとしている。

そんな彼女が今度、平間至氏とトークショーを行うという。
テーマは写真は人を救うかということだそうだ。

彼女がどう語り、どんな答えを出すのかは僕には分からない。

ただ、ずっと内側を向いて回ってきたであろう作品から、
遠心力で弾き出されるように外向きの力が働き始めているのを確かに感じる。
その力はひょっとすると、多くの人の力になるかもしれない。
誰かにとっての蜘蛛の糸に。

夏野葉月さんHP

[トークイベント]
 平間至さん × 夏野葉月さん
 日時:2013年3月17日(日)19:00~21:00
 会費1500円(たいやき+1ドリンク付き)
 予約制になります。
 お申し込みは 浅草浪花家:03(3842)0988

Natuno.png
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


小川哲史 たからもの ~ ふくしまから ~ 
2012/06/24 /07:05
誰にでも大切にしている『たからもの』があるはず。
大人になった僕たちから見ると笑ってしまうような物だって、あの日には確かに一番大切な宝物だったはず。
そんな子供達のたからものを集めた宝箱とも呼ぶべき写真展。

以前から撮り続けていた彼の作品は、原発事故から少し意味合いを変えて、
子供達の姿を通して福島の今を伝える活動になっています。

だからといって悲壮感や毒々しさはなく、変わらぬ優しさで子供達を捉えています。
子供達は何一つ変わってはおらず、変わったのは周りの環境だけ。

今や校庭の石や、道端の小枝で遊ぶことさえ禁じられているという福島の子供達の現状を、
前面に押し出すわけでなく、あくまでも現状として淡々と伝える姿勢は、
ある意味どんなマスコミよりも非常にジャーナリスティックと言えるでしょう。

この子達の笑顔が、放射能の黒い影で曇ることのないように。
大人になった彼等の元気な姿をまた見ることが出来るようにと願うと共に、
彼の地道な活動を少しでも応援したいと思います。

大飯原発再稼動とという、将来必ず日本のターニングポイントとして伝えられる出来事が決定された今だからこそ、
こういった小さな声の積み重ねこそが大切なのです。

世の中で最も大切なたからものである、子供達の将来を考えるのは、僕たち大人の役目です。

おがわ てつし ~ ふくしまから ~

542127_228010523972995_2126055593_n_20120623174816.jpg
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


LESLIE KEE 「SUPER AFRICA」 
2012/06/03 /18:11
アフリカと聞いて、どんな風景を想像するでしょうか?
美しく雄大な、母なる大地?確かにそれは正しいのですが、ともすればネイチャー写真ばかり氾濫し、
ステレオタイプのアフリカが我々の脳裏には刻み付けられています。

レディガガや世界中のタレントを撮り続けたLESLIE KEEは、
たとえ被写体がライオンでも、キリンでも、シマウマでも、骨であっても、その最もカッコいい姿を的確に切り取り、
透徹した作風からは強烈な哲学さえ感じさせます。
こんなアフリカ、見たことない!

アフリカの自然をネイチャーから開放し、スナップポートレートへと変えた技量は圧巻そのもの。
彼の映し出すアフリカは一味違う。
『スーパーカッコいい』アフリカが、そこにある!!


20120525_55521.jpg

■ 会期: 2012.5.30(Wed.)~6.17(Sun.)
■ 会場: 72 Gallery (TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)
■ 開館時間:水~金 12:00~20:00/土・日・祝 12:00~19:00 ※最終日は17:00まで
■ 休館:月・火
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【告知】春だ!展示だ!4月の展示2連発! 
2012/05/01 /21:00
4/30で、4月の2つの展示が無事に終了しました。

いずれもご来場の皆さま、本当にありがとうございました。

今回の第7回LooKLOOK**展では、20歳からの熱くナイスな若者に囲まれ、映像や絵画などの作品を一緒に展示し、
普段なら会えないような人達とも出会えました。
また、このような集まりに参加できればと思います。
オジサンは楽しかったです。

第7回LooKLOOK**展(ブログリンク有り)
こちらは昨年の72ギャラリーでの展示中、来場して下さった主宰の『やすだえり(mikeko,*)』さんと懇意になり、
その縁で声を掛けていただきました。
ナウでヤングでシャレオツな男女が織り成すグループ展に、エロ中年枠で参加させていただきます。

476380_286493768106318_100002370906071_629243_231143304_o.jpg


■参加者:やすだえり(mikeko,*)/荒岡由里/石塚皐介/岩崎優/カワシマユウキ/佐藤奈希/関野悦子/矢野巌
■会期:4月28日(土)-30日(祝月)
 28日:12:00~20:00
 29日:11:00~20:00(最終日:19:00まで)
■場所:ZOOMANギャラリー原宿 1Fのみ
■住所:東京都渋谷区神宮前3-21-18
■TEL:03-6276-4633

20120408_2602163.jpg


こちらの展示↓↓は無事に終了いたしました。
お忙しい中のご来展、ありがとうございました。

御苗場 Selected Photographers 2011(ブログリンク有)』
2011年に関東・関西で開催された『御苗場』にて、
ギャラリスト、編集者などのレビュアーに推薦された写真家15名のグループ展を開催致します。
下記の超豪華メンバーでお届けします!!

■会期:2012年4月4日(水)~4月15日(日)
■開館時間:水~金 12:00~20:00/土・日・祝 12:00~19:00 ※最終日は17:00まで 休館:月・火
■2011年 御苗場 vol.8 レビュアー賞受賞者
 ・aki(B GALLERY 藤木洋介氏 セレクト)
 ・大原明海(西武渋谷店 美術コーディネーター 寺内俊博氏 セレクト)
 ・村上千恵(New York Photo Festival運営ディレクター サム・バージレー氏 セレクト)
 ・キイロ(エモン・フォトギャラリー 小松整司氏 セレクト)
 ・畠山雄豪(株式会社AGホールディングス 柴山哲治氏 セレクト)
 ・矢野巌(御苗場総合プロデューサー テラウチマサト セレクト)

■2011 年 御苗場 vol.9 レビュアー賞受賞者
 ・沖島 悠希(メディアパートナー賞/フォトコン賞)
 ・柏原 資亮(御苗場総合プロデューサー   テラウチマサト セレクト)
 ・久保和範(スポンサー賞/RING CUBE賞)
 ・鍋田 政宏(御苗場関西ディレクター・フォトグラファー 木下アツオ氏 セレクト )
 ・文本 貴士(スポンサー賞/RING CUBE賞)
 ・松本欣二(B GALLERY  藤木洋介氏 セレクト )
 ・向井知奈美(メディアパートナー賞/SHAKE ART!賞)
 ・ホイキシュウ(株式会社電通 並河進氏 ・digmeout 谷口純弘氏 古谷高治氏 セレクト)
 ・山畑 由紀(The Third Gallery Aya ディレクター   綾智佳氏 セレクト ) 

_IGP9220.jpg
写真展 * Trackback(0) * Comment(7) * Page top↑


6×6=120 写真展のお知らせ 
2012/01/17 /23:07
お陰さまで、今回も無事に展示を終えることができました。
ご来場いただいた皆さま、ブログ等で宣伝していただいた皆さま、ご来場なくとも気にかけていただいた皆さま、
本当にありがとうございます。

今回は初めて展示するメンバーも多く、展示方法や一貫性など、至らぬ点も多々あったかと思いますが、
メンバー全員にとって貴重な経験になったことは間違いありません。

また個人的には、非常に多くの方より『ブログ見てます』とか、『矢野さんですよね?』等の声を掛けていただき、
以前とは比較にならないくらい多くの方々から自分の作品を見ていただいていることを実感しました。
嬉しいと同時に、身の引き締まる思いです。

今後の展示や活動の予定も既に幾つかあり、また追って報告させていただきます。
宜しくお願いいたします。

R0011658.jpg
▼READ MORE
写真展 * Trackback(1) * Comment(18) * Page top↑


森凛欲。Forestfall blank -綾ぷふ- 
2010/07/13 /18:40
aya_puff1.jpg

森凛欲。Forestfall blank -綾ぷふ-

写真展のタイトル通り、主に森をメインとした作品の数々。

木漏れ日射す明るい森でなく、全体のトーンとしては暗めの、静かな静かな写真。
かといって風景写真というわけでもなく、森を綺麗に上手に撮ろうという意図も見えず、
眺めているうちに、深い森に迷い込んだような錯覚を覚えます。
イメージとしては、迷いの森の少女とでも言えば良いのでしょうか。

そんな森の写真が続いたかと思えば、最後には赤い服を着た少女が数枚。
美しい少女が浴槽で戯れてる姿と、赤頭巾を羽織って森で遊ぶ姿。
薄暗い森の写真と強いコントラストを放ちつつも、妙な一体感を放って写真展を締めているのです。

そのバランス感覚に唸りつつ、何故これらの写真を挟んだのかを聞いてみると、
森の中と、風呂の中にいる感覚が非常に近いのだそうで。

他にも目を引く写真が一枚あり、それはカーテン状の何かから伸びた手だけが写っている写真。
ニョキッと伸びた二本の手。
女性の手であることは間違いないのですが、それが何をしようとしているのかは全く分かりません。
微妙に青みがかったそれは、美しくも恐ろしく、思わず何度も見返してしまいました。
この写真が気になることを告げると、
『全く関係のない写真なんですけど、どうしても「毒」として入れたかったんです』という答え。

写真の中に毒を盛る。
その感覚は極めて女性的であり、僕にはない発想でした。

その視点で作品全体を俯瞰すると、静けさの中に漂う仄かな毒気に気がつかされます。
『私の写真はよく、気持ち悪いとか言われるんです』と彼女は語るのですが、
見る人によってはアテられてしまうからなのかも知れません。

ガールズフォトでも、風景写真でも、スナップでもない、不思議な不思議な彼女の世界。
迷いの森の先にあるものは一体何なのか、次回の展示が楽しみな写真家さんでした。
写真展 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


東松照明 『Tokyo曼陀羅』 
2008/02/03 /17:34
えー、写真展をアホのように見に行ってます。
気が付けば写真美術館の会員になってます。そんなスメハッチャンです。

さて東松照明氏をご存知でしょうか。
僕は恥ずかしながら知りませんでした。
戦後の日本を代表する写真家らしいのですが、さて。

写真展のタイトルにそぐわず、実にマンダラしてました。
主に東京や地方の街並みを捉えたスナップが多かったのですが、
普通のスナップの中に時折混じっている怨霊のような写真。

おさげの女子高生が、スケキヨみたいな顔で写ってる写真とか。
実にマンダラマンダラナムアミダブツ・・
いつも思いますが、60-70年代に名を馳せた写真家は、どっか吹っ飛んでいます。

そういう時代の空気を色濃く反映しているかと思えば、
1930年代生まれの氏が撮った近年の写真は、殆どが海辺の写真。
しかも岩に打ち上げられたゴミなどが延々と、ひたすら延々と。

物の無い戦後から、物の溢れゆく高度経済成長期を越え
老年は枯れた世界に眼を向ける。
しかし乾ききった世界でなく、湿り気の残る岩場というのが心憎い。

写真に撮られえられた街並みだけでなく、氏の作風にも時代が色濃く投影されていました。
既に枯れている感じのある僕は、数十年後にどんな写真を撮ってるんでしょう。
逆にスケキヨ女子高生を撮ってるのかなぁ・・、なんてことを考えてしまいます。
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


アンリ・カルティエ=ブレッソン 『知られざる全貌』 
2007/10/28 /21:05
写真展のカテゴリも作り、毎週のように写真展を見に行ってます。
記念すべき(?)第1回はアンリ・カルティエ・ブレッソン展について。

写真を好きな人間が必ず耳にする名前。
スナップショットの巨人。
もともと決定的瞬間とは、この人のために作られた言葉。

スナップショットと聞いてはいましたが、膨大な写真を見ると
それはどれも絵画的要素の強いものばかりでした。
ギリギリまで構図にこだわり抜いてシャッターを切ったことが分かります。
もはや病的。

おそらくこの人は、
常に脅迫観念めいたものに追われていたに違いないのです。
スナップというか、日常に潜む絶妙な瞬間をジーっと探して
ただひたすらにシャッターを切り続けたに違いないのです。
巨匠という名声は、彼にとって相当な重圧であったかと思われます。

彼の自画像も飾ってありましたが、やはりどこか気難しそうで
鋭い眼光が印象的な彼の姿が描かれていました。

写真とは、ここまで突き詰めなければならんものなのかと
僕は自画像の前で腕を組みます。

Behind_the_Gare_Saint_Lazare1932.jpg


写真展 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


デザインフェスタ 
2007/05/27 /18:53
行ってきましたデザインフェスタ。
なんでもアジア最大のアートイベントらしく。
つまりアジア最大の学園祭みたいなもんです。

ちょっと時間がなくて、2時間程度しか見れませんでしたが。
プロから趣味の人、相変わらず玉石混合といった趣で、人を見ているだけでも楽しい。

いつも気になるのが出展しているのに、全く動くこともなく
じっと目を伏せたまま座っている人たち。これが割りと多く見受けられるんです。
一生懸命作品を作って、値段まで付けているのに。
目が合っても逸らしてしまう。恥ずかしそうに、ちょっと寂しそうに。
作品にも共通点があって、もの凄く細やかな物を作っている傾向が見られます。
それこそ僕のようなガサツな人間からは信じられないような。
きっとここに出展して、人に作品を見てもらうことが彼らにとっての癒しになってるのかな。

そう、考えてみれば作品を作るってそういうことなんですね。
僕なんかも写真をハイ撮りました、ハイいい写真が出来ました~。

で?

となった時にブログを初めてみたわけで。
写真を撮って誰かと見せ合うという行為が、ちょっとした楽しみになっている僕がいます。
一種のストレス解消といってもいい。

誰かが自分の作品で喜んでくれれば嬉しいし、考えてくれれば嬉しい。
(まだそんな大した写真は撮れませんけども・・)
それもやはり自分自身の満足のためと言えなくもない。
なるほど、作品つくりというのは最終的に自分のために行うものなのだな。
フェスタの会場全体から漂う優しい感じは、そういったところから来てるのかもしれないな。

ハニカミ王子やハニカミ王女を見ながら、そんな当たり前の事に気付いたのでした。

052700.gif
▼READ MORE
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx