カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2008/02← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2008/04
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

塩竈フォトフェスティバル・まとめ編 
2008/03/31 /21:34
昨日をもって第一回塩竈フォトフェスティバルが閉幕となりました。
別に僕なんかが感想を書いたところで、どーということは無いんですけども。
個人的に感じたところを残しておきたいと思います。

080327-ライカ-19


一言で表すならば『意気二感ズル』ということ。
これだけの写真家たちが、ほとんど手弁当で東北の地へ集まったという事実。
写真なんかこれっぱかしも興味なさげな地元スタッフなども動かしたという事実。
これだけの写真好きが全国から集まったという事実。
平間至さんの意気に感じるところがあればこそでしょう。
求心力を持つ個人が良き人たちに恵まれると、大きな力を持つことが出来るのですね。

イベントとして見れば手作り感たっぷりで、手探りな様子も大いに見え隠れします。
イベントの豪華さに比べて宣伝と知名度が追いついてない感じもします。
採算を取るのは難しそうだなという印象もありました。

けれど初めてのイベントを成功させるのが、どれだけ大変なことか。
そして成功に導いた平間さんをはじめ、関係者の方たちには頭が下がる思いです。
何より会場全体から伝わってくる、写真が好きでたまらないという熱さが素晴らしかったのです。
おそらく人数が多すぎても生まれることのない、濃度の高い空間。
僕は見ていて本当に心を動かされずにおれませんでした。

ボランティアスタッフでもいいから、来年も必ず参加したいものです。
敷居は低く、レベルは高く、柔らかく、かつ熱い。
そんな塩竈フォトフェスティバルが、ずっと続いていきますように。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑


塩竈フォトフェスティバル・まるごとカメラの部屋編 
2008/03/24 /21:59
昨日に引き続き塩竈の話です。
ワークショップとして企画された、広川泰士さんによるまるごとカメラの部屋。
公民館の一室を、ピンホールカメラにしてしまうというものです。

出来た写真はこちら。

CA390483.jpg


僕ら約15名の参加者が通されたのは、目張りされて真っ暗になった部屋。
中には暗室で使われる赤いライトが怪しく光っています。

写真家というよりは科学者といった風情の広川さんが、にこやかに原理を説明。
壁に空いた小さな穴、そこに直径10センチ程のレンズが一つ。まさしく巨大ピンホールカメラ。

一枚が畳ほどの大きさのある印画紙を使い、
次々と写真を写してはセメント用バットに浸して現像を行います。
巨大な印画紙から景色の浮かび上がって行く度に起こる歓声。

4枚ほど試し撮りをしてから、皆で記念撮影をすることになりました。
外に出て写るチーム、室内で写真を作るチームに分かれます。
僕らは話し合いの結果、『LOVEハート』の人文字を作ることに。『LOVEフォト』にちなんでです。
その様子はこちら。

CA390479.jpg

もう一チームも同じように記念撮影。
そして使った印画紙は、なんと洗濯物のように引っ掛けて洗い流すのですが
晴れ渡る空の下ではしゃぐ大人たちを見つけ、塩竈っ子たちも興味津々。
なんともいえない穏やかな空気といいますか。

PAP_0505.jpg

PAP_0498.jpg

CA390481.jpg

最後は撮り終わった六枚をホールに運び、それをバックに記念撮影。
誰もが子供のように目を輝かせていたのが印象的。
広川さんのマイルドな人柄もあり、参加者の皆さんも暖かい人ばかり。
本当に面白いイベントだったと思います。
また是非とも参加したいものです。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(8) * Page top↑


そうだ!塩竈に行こう! 
2008/03/23 /22:27
2rakkos.jpg


宮城県塩竈市で3月21日~30日、同市出身の写真家・平間至さんがプロデュースするイベント
「塩竈フォトフェスティバル」が初開催されます。

「第一線で活躍する写真関係者が一堂に会し、
盛りだくさんな企画でお届けする画期的な『楽しむ』写真フェスティバル」というコンセプト通り、

・日本最大級のポートフォリオ・レヴュー(4つの写真賞)
 大賞、PhotoGRAPHICA賞、P.G.I.賞、塩竈賞

・5つの展覧会
 「瀧本幹也展」
 「平間至展」
 「三好耕三展」
 「ゼラチンシルバーセッション」
 「Love フォト」展
             
・ワークショップ
 広川泰士ワークショップ「まるごとカメラの部屋」

・ポートレート撮影会
 ひらま写真館・別館 カメラッ娘、集まれ!

などなど、少々心配になってしまうくらい盛りだくさん。
カメラLoveな男子女子も、カメラオタクなオジさんも、みんなで楽しんだらいいと思います☆

※公式キャラクターはリリーフランキー氏によるもの。
※会場は「ふれあいエスプ塩竈」(塩竈市東玉川町)、「ビルドスペース」(塩竈市港町2)ほか。
※公式BLOG http://gamaphoto.blog31.fc2.com/
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


塩竈フォトフェスティバル終了 
2008/03/23 /19:01
めくるめく二日間が終了しました。
フェスの模様や塩竈写真など、グリグリとUPしていきますよ。

いやぁ、素晴らしいイベントでした。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


塩竈フォトフェスティバル・居酒屋トークショー編 
2008/03/23 /00:00
大人から子供まで楽しめる塩竈フォトフェスティバルですが、夜はやっぱり大人の時間。
塩竈市内にある幾つかの居酒屋で、各写真家によるトークショーが行われます。
僕が参加したのは、平間至さん・中島英樹さん・笠井爾示さんの会場『さらい』。

CA390241.jpg

トークショーと言うくらいだからステージやマイクがあるのだろうと思っていたら、
本当に普通の居酒屋で驚きました。
15名が定員だったのですが、会場である奥座敷は本当に超満員。
足を動かすことさえままならぬ密着っぷり。
新大久保辺りのアパート六畳一間で、怪しいイラン人が15人生活してるみたいな感じです。

トークも間近。質問も自由。
ロッキンジャパンの裏話に始まり、いい写真とは何かの写真論。
会話の端々に出てくる、彼らの信頼関係。どの話も実に熱い。

ひとしきり話が進むと参加者の何名かが、写真を講評して欲しいという流れになりました。
酒が入っているとはいえ、やはり写真の話になると真剣そのもの。
思いがけず公開ポートフォリオレビューが始まったりと、内容盛りだくさん。

途中で参加者が入れ替わり立ち替わり。
仙台放送さんが取材に来たりと大賑わい。

この腕輪を付けていると、市内の会場をフリーパスで回れるのですけども
僕も先日からの寝不足のため一次会で退散。

CA390471.jpg

話によれば皆さん朝まで大騒ぎだったそうで。
これも塩竈フェスならではの貴重な楽しみですね。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(1) * Comment(0) * Page top↑


塩竈フォトフェスティバル・レビュー編 
2008/03/23 /00:00
実はこの度、塩竈フォトフェスティバルにポートフォリオ(作品集)を応募してみたところ、
うっかり審査を通過してしまいまして。

約40名の中に選ばれ、会場で公開ポートフォリオレビューを受けることになったのです。
一泊二日のフォトフェス旅行。

フェス会場で観客や他の参加者が自由に互いのレビューを見ながら、
その中で最終的な入賞者を決めていくという流れ。

これはレビューしてくださる写真家を自分で選ぶことができる上に、1回30分。
マンツーマンで2人からレビューを受けることが出来るという、夢のような企画なのです。

CA390197.jpg

レビュー1人目は広川泰士さん。巨匠です。
僕が出した作品を眺めながら難しい顔になり、おもむろに眼鏡を取り、顔を手で拭いつつ・・
『これは・・、なんて言っていいか分からない!!・・』

巨匠絶句!言われた僕も絶句!
しばしの沈黙を破り、言葉を選びながらレビューをして下さる広川さん。プロです。
ストイックに写真を探求されている方なので、僕の写真の甘さが大いに目に付くようで
ブレであったり、構図の切り方であったり、プリントの方法であったり、
一つ一つ真摯に指摘してくださります。

『これはデジタルで撮ったの?』
『携帯です!』
『・・!!!』

『プリントはどうやって?』
『駅前のプリント屋です』
『・・!!!』

『写真が縦の物と横の物でまとまってるけど、何か意味があるの?』
『いや、見やすいようにと思いまして』
『・・・!!!』

何度も顔を手で拭い、天を仰ぐ広川さん。
こんな感じで、レビューの終わる頃には申し訳ない気持ちで胸が一杯になってきます。
本当にごめんなさい。

もう一冊、まともな写真を集めたアルバムも見てもらったのですが、
丁寧に撮ってるのが伝わってくるね、上達がハッキリ分かるね、などと概ね褒めて頂けました。
全体として作品としての良し悪しはともかく、やはり写真としての完成度が低いということを痛感させられます。
本当に勉強になりました。

最後に
『よくこんなに面白い瞬間に出会えるね』
『なんか、向こうから寄って来るみたいなんです』
巨匠、苦笑い。

CA390229.jpg

2人目は平間至さん。
この時は仙台放送さんが、僕を終始超アップで撮りながらのレビューになったので、若干緊張気味。

パラパラと作品を眺め終わると、開口一番ニコリと笑って
『写真、楽しくて仕方ないでしょ?』
『はい!』
『応募のきっかけは?』
『フォトグラフィカ誌上で見かけまして。
 こんな写真ばかり撮ってていいのか、誰かにジャッジして欲しかったんです』
『いいじゃないですか。これが面白いと思って、こうして審査を通って、そういう目を持ってるんだから』
『本当ですか?』
『自分が面白いと信じた物を撮ればいいんですよ。こうやってね。
 僕も考えながら撮るより、こうして勘を信じて撮った方が良い物が撮れるんですよ。
 この一枚目みたいに(踊っているオジサンの写真)、素晴らしいのも撮れる』
『はい』
『写真はどのくらい?』
『ちょうど一年です』
『一年でこれだけの物が撮れるなら結構なものです』
『ありがとうございます』

そんな褒めて伸ばすレビューが進み、やはり写真の質に話は進みます。
面白さを人に伝えるならば、もっと写真の質にこだわった方がいいという話の流れに進み、
『やっぱり簡単に撮った写真って、見て分かるんですよ』
『やはり分かりますか』(いくつか写真を指差しながら)
『見る側も、じっくり撮られた写真は長く見れるんです。簡単に撮られた写真は流してしまう』
『なるほど・・』
そう言いながら平間さんが幾つか良いねと指差したのはフィルムの写真ばかり。
『やはり銀塩ですかね・・?』
『そうですよ』(ニヤリ)
フィルムを愛する平間さんらしい一コマ。

気がつけば子供の教育の話や、年寄りと戦争体験とか、そんな世間話になっていました。
写真については、そこまで深く語るレベルに達してないという裏返しでもあります。
柔らかな物腰の中に、色々な意味を含ませて下さったレビューでした。

最後に、
『写真は好きですか?』
『好きで仕方ないです!』
『これからも沢山撮ってください』
『いつか写真集出せるように撮りますよ!』
平間さん、苦笑い。

レビューの後に、今までずっと撮っていた仙台放送からインタビューを求められました。
レポーターが大変綺麗な原英里奈さんというアナウンサーだったこともあり、終始緊張。
5分くらい色々と喋ってたのですが、あまり覚えてません。

このような感じでレビューは無事終了。
会話はトホホでも、いたって真剣なレビューで緊張しっぱなしです。

目の色を変えて写真に取り組んでいる人たちの中、僕なんかが本当におこがましい限り。
けれど人生に二度とないかもしれない贅沢な時間を過ごせたことを、光栄に思います。
来年は成長した写真を見せれるよう、バシバシ撮っていきますよ!
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(4) * Page top↑




xx HOME xx