カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2008/03← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2009/09
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

趙根在 『ハンセン病を撮り続けて』 
2008/04/18 /20:23
51R24JNHW1LSS500.jpg


人間が人間らしく生きる条件として、人間らしい見た目であることが求められます。
手足の無い乙武さんがテレビに出られるのも、彼の凛々しい顔立ちに負う所が大きく
そうでなければ彼が人目に触れることも無かったでしょう。

ハンセン病・らい病という名前の有名さの割りに、僕らが患者を眼にすることは殆どありません。
養護施設の名の下に、世界各国で推し進められたハンセン病隔離政策があったからです。
実際には感染の危険性が相当低い病気であるにも関わらず、彼らは隔離施設に押し込められ
そこで一生を終えていくことになったのです。

それは何故か。
病魔に冒された身体が崩れ、所謂人間らしい風貌を彼らから奪ったからに他ならないからでしょう。
実際に彼らと会えば、多くの人が握手さえためらうはず。

日本各地の施設を巡り、彼らと寝食を共にした写真家・趙根在。
彼らの病状をクローズアップした写真は殆ど無く、その生活を追ったものが大半の作品です。
施設内での宴会であったり、年中行事であったり。
いずれもモノクロで、一貫して優しい視線が感じられます。
同じ生活をし、同じ視点に立たなければ撮れない写真ばかり。

学校もあったらしく、仮装リレーとおぼしき場面で
少女が『シンデレラ』と書かれた名札を下げ、仮装している姿が映し出されていました。
施設内の広間で、彼らが楽しそうに踊っている姿も映し出されていました。
目頭が熱くなるのを覚えます。

なんだ僕らと何にも変わらないじゃないか。
趙根在は、そう訴えたかったに違いない。

病気だけでなく、在日韓国人に対する差別も絡んだハンセン病問題。
気付かないだけで、身近に潜む差別を教えてくれる一冊です。
写真の本 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx