カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2008/04← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2010/06
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

第2回 塩竃フォトフェスティバル・レビュー編 -綾智佳さん- 
2009/09/18 /19:59
続いてのレビューは、綾智佳さん。
物腰柔らかで上品な年の重ね方をされている女性です。
僕の作品を眺めながら、

『貴方の写真、面白いわねぇ。ウフフ・・。』
『ありがとうございます。』
『よくこんなの見つけてくるわね。相当歩き回ってるでしょう?』
『分かりますか?』
『分かるわよ。これなんか歩き回ってないと絶対撮れないもの。ウフフ・・。
 でも、こういう写真はもう先にやっちゃった人がいるから・・。』
『よく僕の写真は梅佳代さんっぽいって言われます。』
『そうね、あの子は教え子なの。あの子に写真を撮られると変な顔ばっかりになっちゃうから嫌なのよ。ウフフ・・。
 けど貴方の写真はまた全然違うと思うわ。』
『僕は最近自分の写真が冷たいなぁ、と思うことがあるんですが。』
『冷たいとは思わないわ。ただ写真を始めてしばらくすると、そんな感じがするみたいね。
 今がちょうどその時期なんじゃないかしら。』
『やっぱりそうなんですかね・・。僕は作品をもっと良くしていきたいんですが、何かありますか?』
『そうね、少しまとまりがないように思えるわ。物なら物、人なら人って、まとめてみるといいかも知れないわね。』
『技術的にはどうでしょう?写真の技術をもっと磨いたほうがいいとか?』
『うーん、貴方の場合には必要ないと思うわ。だって一瞬でしょ?』
『そうです。構えて一瞬ですね。』
『そのスタイルでいいと思うわよ。』

という具合に、まるで母親のような優しさをたたえながらレビューして下さいました。
平間さん、綾さんも、同じようなアドバイスを下さったのが印象的。
今後に向けての課題や道が見えた気がします。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


第2回 塩竃フォトフェスティバル・レビュー編 -平間至さん- 
2009/09/18 /19:32
第1回に続き今回も1次選考を通過しました。
レビュアーとして指名させていただいたのは、平間至さん、綾智佳さん。

まずは平間さんから。
一通り今回の応募作品を見ていただいた後に、持参していた前回の応募作品も見ていただきながら、

『お久しぶりです。前回はありがとうございました。』
『おぉ、久しぶりですね。フフフ、この写真とか覚えてますよ。』
『ありがとうございます。ところで前回と今回では作品が変わってきたと思ってるんですが。』
『そうですね』
『自分の中で、以前と比べて作品が冷たくなったというか、そんな気がしているんです・・』
『うーん、冷たくなったというか、上手くなってる。
 前回のがファーストアルバムなら、今回のはセカンドアルバム。』
『なるほど』
『ほら、どの写真を見ても構図が出来てるし上手い。
 けど、前回のは見つけたものをそのまま撮ってる、今回のは探して撮ってるでしょう?』
『確かにそうですね・・』
『これは仕方のないところでもあるんですよ。ミュージシャンなんかでも同じです。
 あとは楽しいと思いながらどこまで続けていけるか。
 それが冷たくなったと自分で感じてるところなんじゃないかな』
『はい。写真は楽しいので、このまま続けていけると思ってます。
 ただ、自分は写真を習ったりしたことがないので、写真の学校などに通った方がいいのか考えてます。
 技術的な上積みというのは、やはり必要ですか・・?』
『いや、矢野さんの写真は必要ないんじゃないですか。技術よりも感性で撮ってる。
 そういう目を持ってるんだから、それを伸ばしていけばいいと思いますよ』
『そうですか。ではこの作品をより良く表現していくために、もっと気を付けた方がいい部分はありますか?』
『矢野さんは話していて非常に面白いので、写真にキャプション(題名)を付けても面白いかも知れない。』
『なるほど!(前回、キャプションを付けない方がいいと言われたことは心にしまいつつ)』
『うん、本当に面白いね。ほら、この写真なんか見て』

と、僕のレビューを見学していた他の参加者を呼び込んで一緒に作品を見始め、
そのまま和やかに話をしながらレビュー終了となりました。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx