カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2011/02← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2011/04
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

相対象理論 13冊目 
2011/03/31 /07:05
IMGP5161.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


美食男子 
2011/03/30 /07:05
IMGP4682.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-写真のチカラ- 
2011/03/29 /07:05
週末に平間至氏の『ギャラリーPIPPO』に行ってきました。
塩竃フォトフェスティバルでレビューしていただいて以来、一年半ぶりにお目に掛かったのですけど、
相変わらず恰幅のよい癒し系ボディですが、顔には若干疲れの色。

というのも、故郷である宮城県塩竃市が被災地となってしまったため、
平間氏は自分の車を使って救援物資を届けたり、心休まらない毎日を送られているようです。

平間氏いわく、
『現地に着くまでは、写真に残しておこうと思ったけれど・・、
 いざ現地に着くと、シャッターを切れなかった』とのこと。

テレビで散々目にする被災地の様子ですが、現実に目の当りにすると、
それは言葉を失うようなものでしょう。まして生まれ故郷なら尚更。

そんな中、平間氏を中心とした復興支援活動が広がりつつあります。
それがこの『塩竃フォトフェスティバル公式ブログ』で始まった活動。

僕がいた間にも、支援物資を持ってギャラリーを訪れる人などの姿が見られました。
これって凄いことだと思うのです。
写真の繋がりを通して支援物資が集まり、それを集約して届ける人がいる。
大災害の前に、写真の持つ繋がりは微々たる物かも知れませんが、決して無力ではないのですね。

平間氏は言います。
『現地に行ってみてね。これは一回限りで終わるものじゃないと思った。
 どうやって続けていくかが本当に大切だと思う・・』と。

今後どのようにして、あの風光明媚な塩竃市の景観を復興していくか(塩竃に限らずですが)、
塩竃に少なからず思い入れのある僕としては、いろいろと考えさせられる言葉でした。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


不信の距離 
2011/03/28 /07:05
IMGP5158.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


プリクラ空白地帯 
2011/03/27 /07:05
IMGP5180.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


我が家のスーパーモデル 
2011/03/26 /07:05
IMGP4629.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


いい事ばかりじゃなかったけれど 
2011/03/25 /07:05
震災から2週間。
早いものです。

一時的に集まった救援物資なども喉元過ぎればなんとやらで、
これからの継続的な支援が、如何に続けられるかが大きな課題になってくる時期ですね。

『いい事ばかりじゃなかったけれど』

こう言える日が来るのはまだまだ先になるかも知れませんが、
被災地が復興に向けて、一歩づつでも進んでいくことを願ってます。

P8092258.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


愛の営み 
2011/03/24 /07:05
IMGP4676_20110307231733.jpg

こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


デカビタの ビンや何を 受け止める 
2011/03/23 /07:05
IMGP5078_20110320135246.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


同じ月の下で 
2011/03/22 /07:05
IMGP5095.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


過去最高記録 
2011/03/21 /07:05
IMGP5102.jpg
美しいもの * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


空襲警報 
2011/03/20 /07:05
IMGP4700.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-STILL ALIVE- 
2011/03/18 /23:30
あれからもう一週間が経とうとしています。

原発問題は収束どころか悪化の一途を辿り、最悪のケース・最良のケースのいずれも示されないまま、
いたずらに焦燥の日々を送る毎日にも慣れ始めているのが怖いところ。

今後、福島県が人の住めない県になるか否か、
下手をすると日本の何分の一かが全く機能しなくなるかの瀬戸際の状況にある筈なのですが、
この期に及んでもフリーや海外の記者さえ受け入れず、
情報を小出しにし続ける大本営発表を見ていると、元気を取り戻しかけた心も萎えそうになります。

マスコミを始め被災者以外の外野は、そろそろ同情することにも飽き、
手のひらを返して責任問題や被災者のプライバシー暴きに取り掛かり始めるころでしょうか。
まだ、日本の長い冬は終わりそうにありません・・。

しかし、明るさを取り戻さない町並みをテレビ越しに見ながら、
戦争を経験している僕の父は言います。

『ああ、ちょうど終戦後がこんな感じだった・・』
『あれに比べたら、大丈夫!!』と。

なんだかよく分かりませんが、ものすごい説得力ですね。

そんな暗い世相の中、復興の息吹を感じさせる風景を見つけました。
来週明けあたりから、いよいよ街も動き始めるといいのですが。

__(24).jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-ちょっといい話- 
2011/03/17 /22:22
会社のある千葉県美浜区は、液状化であふれ出た砂が乾き、砂塵の舞うゴーストタウンと化しています。
帰りの電車から眺める町並みは、明かりが消え、人の姿もなく、これが経済大国の姿かと思えます。
テレビでは毎日、余震と原発のニュースばかり。

そんな気の滅入る毎日に、ちょっと良い話を。

震災当日、徒歩で帰宅する人々で溢れかえる道沿いで見かけた光景。

P3113595_20110317220626.jpg

P3113596.jpg


国道沿いにある古びた民家の車庫に置いてあった椅子。

ふと目を留めると、写真の通り。

『このオニギリの中身は梅です。
 遠い方はどうぞお持ちください』

との一文。
隣に置いてあるもう一つの椅子には、

 『休んでください』と。

名もない市井の女性の心遣いに多くの帰宅者が足を止め、束の間の笑顔を取り戻していました。

P3113604_20110317221010.jpg

他にも軒先に椅子を用意してくれている家を、何箇所か見かけました。
各地点の距離が離れていることから、それぞれが独自に思いついて用意してくれたことは間違いありません。

悲惨なニュースや、基準値も示さずに『通常の何百倍の放射能!!』とか、
マスコミは不安感を煽ってばかりですが、
その陰で自衛隊は1万6000人を救出していたり(死者・行方不明者を上回る数です)、
このような善意の物語も数え切れないほど存在しています。

それは決して忘れてはいけないと思うのです。
雑感 * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-ダチョウ的なアレ- 
2011/03/16 /23:23
小さい頃から年末の昭和ノスタルジー番組などで繰り返し見てきた映像といえば、
大阪万博、あさま山荘、そして石油ショック辺り。
店頭からトイレットペーパーが消えたという、あのお馴染みの映像です。

まさか世紀をまたいで、リアルに遭遇するとは思いもよりませんでした。

【12日の店頭】

P3123652_20110316230815.jpg

P3123655_20110316230815.jpg

【13日の店頭】

P3143743.jpg

【14日の店頭】

P3153862.jpg

【15日の店頭】

P3153863.jpg


誰もが大きな不安を抱え、次はどこが揺れるのかとロシアンルーレットな毎日の中で、
このように買占め騒動に発展するのは無理もないことかも知れません。
それは誰にも責められることではないでしょう。

そんな今だからこそ、この作戦でいきたいと思います。

【ウエシマ作戦】
ヤシマ作戦に続く被災地支援作戦第二弾「ウエシマ作戦」なるものが発動中。
買い占め・買い溜めをせず「どうぞどうぞ」と物資や品物を譲ることで
被災地へ送れる量を増やす作戦。

日本の西側は被害を受けていないのですし、
少し待てば生活に困らないだけの物資は十分に回り始めます。

ゴッソリと腕に抱えた品物をレジに持っていく前に、
ちょっと立ち止まって上島竜平の白いブリーフを思い浮かべる心の余裕を持ちたいものです。
雑感 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


アルバム 
2011/03/16 /02:02
孫のアルバム胸に抱え…遺体で見つかった79歳

写真は所詮、紙に焼き付けられた、もしくは印刷されただけの物質に過ぎないのですが。
そこに家族や恋人の姿が映っていると、特別な意味を持って物質以上の存在になります。

主に人を対象として写真を撮る者として、何と言ったらいいか・・、
うまく言い表せませんが、凄く考えさせられる記事です。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-節電の街- 
2011/03/16 /01:37
ヤシマ作戦だけでなく、いよいよ計画停電などの行政レベルで節電が実施され始めました。
いつもなら通勤で賑わう駅構内も暗く、まだ災害は継続中であることを否応なしに思い知らされます。

P3153751.jpg

P3153757.jpg

P3153767.jpg

P3153835.jpg

デパートや飲食店のネオンが軒並み消される中で、ギラギラ輝くテレクラ。
この潔さはむしろ頼もしくさえありますね。

こういった世間の雰囲気だと経済も冷え込んでしまいがちですが、
絶対に無くならないこの業界が、意外と景気を活性化させるのかな・・
なんてことを考えてしまいます。

P3153858.jpg

P3153860.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-都内の様子- 
2011/03/14 /14:57
地震から3日が過ぎ、いよいよ月曜の朝を迎えました。

東京電力の計画停電が二転三転したこともあり、駅で多数の勤め人が途方に暮れる様子が見られました。

今回の騒動で責められるべきは東京電力ではなく、
こんな状況にも関わらず、速やかに自宅待機を命じない大多数の企業にあるのではないかと考えます。
停電の最中に大きな余震が来た場合、二次災害は甚大なものになり、
多数の帰宅難民が再び発生するのは誰にでも分かる道理です。

また、我々のような勤め人も
『とにかく会社へ!』ではなく、
『とにかく家族と!』へと意識を切り替える必要があるのではないでしょうか。

今回の様子は、数十万人が大嵐の中で『ちょっと田んぼの様子を見てくる・・』と言ってるのと同じです。
このような状況で『とりあえず行けるところまで』という感覚で出勤すべきではありません。

なんとなくみんな会社に向かってるっぽいから・・といって出勤して被災した場合、
なんの装備もない丸腰のサラリーマン一人を救出するために、どれだけの人員が必要であるか、
残された家族を支えるために、どれだけの労力が必要であるかを考えれば、
自分の意思で仕事を切る勇気も必要ではないしょうでか。

我々一般市民にとって一番の防災対策は、家族と一緒にいることです。
力の弱いお母さんや子供だけでいるより、お父さんが傍にいるだけで、どれだけの悲劇が防げるかということ。

会社で決算の書類一枚を作れなくとも命まで落とすことはありませんが、
家族と離れ離れであったために、職場から逃げられなかったために命を落とすことは多いのです。

身を粉にしてライフラインの復旧や、様々な活動に従事している方々には本当に頭が下がる一方、
普通の勤め人であれば、自宅待機して災害に備えることも、また責任ある『仕事』であると思うのです。

P3143699.jpg

P3143676.jpg

P3143706.jpg

P3143707.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震-帰宅困難なケースのために- 
2011/03/13 /19:39
今回の地震では、多数の帰宅困難者が発生しました。

僕自身も9時間掛けて歩き、ようやく帰宅することが出来ましたが、
このくらいの距離が徒歩帰宅の限界点ではなかろうかと思われます。

今後3日間でのM7以上の余震確率70パーセントといわれる中で、明日の月曜を迎えます。
再び電車が全て止まるケースも考えられます。
ご覧になった方が同じく長距離の帰宅を強いられた場合、何らかの参考になれば幸いです。

・距離 約25キロ
・経路 千葉県美浜区
    →総武線経路沿いに西船橋
    →京成線沿いに都内へ
・時間 8-9時間(うち休憩時間30分)
・服装 上下スーツ・革靴・手持ちカバン1つ
・所持品 ペットボトルの水・職場の置き菓子

経路1

経路2

まず携帯電話は殆ど繋がらなくなります。
固定電話からだと少しは繋がる可能性が高くなるようですが、公衆電話はご覧の通り。

電車が全て不通となるため、当然ながら券売機も全てストップしています。
スイカなどのチャージは難しいかと思われます。

帰宅を諦めた場合、駅には同じような帰宅困難者で溢れ返るため、
最寄の収容施設などの情報を集め、速やかに移動したほうがよいかも知れません。

P3113572_20110313185721.jpg

P3113574_20110313185721.jpg

P3113579_20110313185721.jpg

P3113580_20110313185721.jpg

P3113585_20110313185721.jpg

P3113588_20110313185721.jpg

P3113575.jpg

道に迷うのを防ぐために大通りを歩き続けましたが、
僕のように千葉→東京方面へ歩く人はおらず、東京方面から千葉へ向かう人が殆ど。
どの通りも歩道に人が溢れ返り、これが都内まで延々10数キロに渡って続きます。

渋滞で動かない車の横を縫うようにして自転車・バイクが走っていくため、
歩く時にはかなりの注意を要します。

道の脇にあるコンビニやスーパーには、歩き疲れた多くの人がおり、いずれも店内は品薄状態。
携帯充電電池などは売切れになるため、電池の消耗は極力避けながらの移動が必要です。

P3113600_20110313185909.jpg

P3113601.jpg

P3113602.jpg

P3123626_20110313185909.jpg

今回は経路の地震被害が殆どなく、単純に人が溢れかえっているだけで済みましたが、
これに『停電』『建物被害』『怪我人』の要素が加わった場合、移動は一気に困難となります。

まず移動経路の視認確保が難しくなるため、夜間の移動は現実的な手段でなくなりますし、
昼間の移動を行った場合でも、おそらく通常の2倍程度の時間を要するのではないでしょうか。
つまり、より地震被害が深刻な場合には、同じ程度の距離を移動するのは丸1日の行程となります。

また、軽い手持ち鞄のみを持っていただけでも、後半はかなりの疲労を腕に感じ、
革靴で歩き続ける足裏には、強い痛みが生じました。


家族や大切な人と離れて通勤されている方は、1分でも早く帰宅したいのが人情というもの。
しかし、経路が確保されている状況であっても、かなり歩きにくく、思ったペースでは進めません。
最も良い帰宅方法は、やはり交通機関の回復を待っての移動です。
やむなく徒歩での移動を行う場合には、可能な限りの準備と、身の安全の確保の上でをお勧めします。
雑感 * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑


東北地方太平洋沖地震 
2011/03/12 /23:19
今回の地震で亡くなられた方々に、心からご冥福をお祈りいたします。
また被災地で頑張っておられる方々へは、心からエールを送りたいと思います。

僕は職場で地震に遭遇しまして、幸い怪我もせずに避難することができました。
義援金やボランティア、様々な手段がありますが、
自分に出来ることを考えたときに、記録を残していくことだと思いいたったので記事を書きます。

職場のある千葉の美浜区は、千葉県の中で割合に揺れの強かった地域です。

決して致命的な震度ではなかったものの、液状化や地面の隆起は酷いものでした。
ここには写ってませんが、さっきまで公園だった場所が液状化で完全に水面になってしまっている箇所、
ショッピングセンターの広大な駐車場のかなりの部分が水溜りと化している箇所など、
もう少し揺れが長引くか、強いものであったなら危なかったかも知れません。

わずか一駅ほど内陸に向かうだけで、同様の現象は殆ど見られなかったことを鑑みると、
いかに埋立地が地震に弱いかということが、改めて露呈した地震といえます。

__(12).jpg

__(13).jpg

__(14).jpg

__(15).jpg

__(16).jpg

__(17).jpg

また、このような埋立地に多いのは工業地帯。
過去の震災を紐解いても、工業地帯からの火災は少なくありません。
職場から見える千葉の工業地帯でも、非常に大きな火災を目撃することになりました。

遠目に写るこの火災ですが、この後2度に渡って大爆発を起こします。
爆発の規模たるや凄まじいもので、この距離にあるにもかかわらず、
手前に写るホテルを越える大きさまで炎が吹き上がり、まさに目の前に一面の火柱。
生まれて初めて本物のキノコ雲を目の当たりにした時、ちょっと思考が止まりました。
もう少し近い距離に工場があったら、僕はこうしてPCの前に座っていなかったかも知れません。

P3113545.jpg

P3113549.jpg

P3113557.jpg

今回の地震で感じたことの一つに、緊急地震警報の有用性があります。
僕のビルでは全館で地震警報が鳴る仕組みになっているので、
揺れが始まる前に女性社員は机の下に、男性社員は自分の安全を確保しつつ棚や危険物を押さえに回ることで、
オフィスでの損害を殆どゼロに抑えることができました。

何より地震警報からの10-30秒で『心構え』が出来ることは本当に大きなもので、
この技術で抑えられた被害は計り知れないのではないでしょうか。

まだまだ予断を許さない状況が続きますが、
ヤシマ作戦をはじめ、ネットを中心に人々の善意の輪が広がりつつあります。

焦らず騒がず悲観せず、この未曾有の災害を力を合わせて乗り越えていけたらと願っています。
このブログをご覧の皆さんも、くれぐれもお気をつけください。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


異文化交流 
2011/03/12 /07:05
IMGP4727.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


海へ還る 
2011/03/11 /07:05
IMGP4859.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


胎内回帰 
2011/03/10 /07:05
IMGP4791.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


特別な日 
2011/03/09 /09:04




看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


神の宿る場所 
2011/03/08 /07:05
IMGP4659.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


鳥島 
2011/03/07 /07:05
P2273376.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


友達以上恋人未満 
2011/03/06 /07:05
P2273442.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


海上標識 
2011/03/05 /07:05
P2273403.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


団子状幼年期 
2011/03/04 /07:05
P2273466.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ドM 
2011/03/03 /07:05
P2273450.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(4) * Page top↑




xx HOME xx next