FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2011/02← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2011/04
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

東北地方太平洋沖地震-帰宅困難なケースのために- 
2011/03/13 /19:39
今回の地震では、多数の帰宅困難者が発生しました。

僕自身も9時間掛けて歩き、ようやく帰宅することが出来ましたが、
このくらいの距離が徒歩帰宅の限界点ではなかろうかと思われます。

今後3日間でのM7以上の余震確率70パーセントといわれる中で、明日の月曜を迎えます。
再び電車が全て止まるケースも考えられます。
ご覧になった方が同じく長距離の帰宅を強いられた場合、何らかの参考になれば幸いです。

・距離 約25キロ
・経路 千葉県美浜区
    →総武線経路沿いに西船橋
    →京成線沿いに都内へ
・時間 8-9時間(うち休憩時間30分)
・服装 上下スーツ・革靴・手持ちカバン1つ
・所持品 ペットボトルの水・職場の置き菓子

経路1

経路2

まず携帯電話は殆ど繋がらなくなります。
固定電話からだと少しは繋がる可能性が高くなるようですが、公衆電話はご覧の通り。

電車が全て不通となるため、当然ながら券売機も全てストップしています。
スイカなどのチャージは難しいかと思われます。

帰宅を諦めた場合、駅には同じような帰宅困難者で溢れ返るため、
最寄の収容施設などの情報を集め、速やかに移動したほうがよいかも知れません。

P3113572_20110313185721.jpg

P3113574_20110313185721.jpg

P3113579_20110313185721.jpg

P3113580_20110313185721.jpg

P3113585_20110313185721.jpg

P3113588_20110313185721.jpg

P3113575.jpg

道に迷うのを防ぐために大通りを歩き続けましたが、
僕のように千葉→東京方面へ歩く人はおらず、東京方面から千葉へ向かう人が殆ど。
どの通りも歩道に人が溢れ返り、これが都内まで延々10数キロに渡って続きます。

渋滞で動かない車の横を縫うようにして自転車・バイクが走っていくため、
歩く時にはかなりの注意を要します。

道の脇にあるコンビニやスーパーには、歩き疲れた多くの人がおり、いずれも店内は品薄状態。
携帯充電電池などは売切れになるため、電池の消耗は極力避けながらの移動が必要です。

P3113600_20110313185909.jpg

P3113601.jpg

P3113602.jpg

P3123626_20110313185909.jpg

今回は経路の地震被害が殆どなく、単純に人が溢れかえっているだけで済みましたが、
これに『停電』『建物被害』『怪我人』の要素が加わった場合、移動は一気に困難となります。

まず移動経路の視認確保が難しくなるため、夜間の移動は現実的な手段でなくなりますし、
昼間の移動を行った場合でも、おそらく通常の2倍程度の時間を要するのではないでしょうか。
つまり、より地震被害が深刻な場合には、同じ程度の距離を移動するのは丸1日の行程となります。

また、軽い手持ち鞄のみを持っていただけでも、後半はかなりの疲労を腕に感じ、
革靴で歩き続ける足裏には、強い痛みが生じました。


家族や大切な人と離れて通勤されている方は、1分でも早く帰宅したいのが人情というもの。
しかし、経路が確保されている状況であっても、かなり歩きにくく、思ったペースでは進めません。
最も良い帰宅方法は、やはり交通機関の回復を待っての移動です。
やむなく徒歩での移動を行う場合には、可能な限りの準備と、身の安全の確保の上でをお勧めします。
雑感 * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑




xx HOME xx