カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2011/11← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2012/01
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

ニャーニャートレイン 
2011/12/31 /07:05
皆さん、良い年越しを。

ネコザイルより愛をこめて。

R0010054.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


潜伏 
2011/12/30 /07:05
_IGP6848.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


下衆 
2011/12/29 /07:05
RIMG0010 (2)
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


匿名アイドル 
2011/12/28 /07:05
PC036759.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


写真雑誌について考える 
2011/12/27 /18:44
日頃から写真雑誌について考えていることを。
特定の意思はなく、あくまでも私見です。

雑誌の売れない時代であると言われて久しいですが、カメラ雑誌に限って言えば健闘しているようにも見えます。
アサヒカメラ・日本カメラ・フォトコン・CAPA・デジタルカメラマガジン・
ファットフォト・カメラ日和・写ガール・カメラライフ・F2.8・カメラマガジン・snap・etc・・
数年前に比べて、格段に雑誌数は増えました。

しかしコレは!という雑誌がないのも事実。

かつてはアサヒカメラ・日本カメラが両巨頭だったのでしょうが、高齢化が著し過ぎて動脈硬化を起こしているのを感じます。
特に今月号のアサヒカメラ表紙などは、巨匠:篠山紀信が撮ってはいるものの、
典型的な『オッサンの考える若いイマドキの女の子♪』にしか見えず、痛々しさが否めないものでした。
両誌とも何十年も同じ面子が堂々巡りの連載を続けていて、載っている写真家も持ち回り。
新しい層を取り込めないのは想像に難くありません。

CAPAなどは、いわゆる『カメコ』的な紙面作りなので、ライトな層や女性層に弱いのではないでしょうか。

若い世代に訴求力の強いファットフォト等の雑誌では、カメラ性能などへの特集が少ないので、
『カメラ』が好きな層にはイマイチ弱いだろうなという気がします。

かといって『カメラ』に特化した写真工業は休刊。
偏執的に何十頁にも渡って『写真』の特集を組み続けたフォトグラフィカも休刊へ。

カメラ日和・写ガール・CL・カメラマガジン・F2.8等はそもそも特定の層に特化しているので、ちょっと別物。

雑誌全体の売上げが落ち込み、パイを食い合う中で抜けた存在がないのは共倒れの危険性を孕んでいます。

そんな中で新規の読者を多く取り込んでいっていることを考えると、
近い将来にはファットフォトが独走していくように思えます。(自分と縁が深いから言っている訳ではありません)
しかし、そうなった場合にメカニカルな特集などはどの雑誌が受け持つのか。
もしくはファットフォトが厚みを増して受け持っていくのか。
若返りを果たしたアサヒ・日本カメラが復権を果たすのか(難しそうですが・・)。

とりあえず毎月コレを読んどけば、だいたいオッケー!!という、オールラウンドな雑誌が出てくれば、
一気に市場をさらっていく気がしてなりません。

写真そのものも面白いですが、雑誌の動向も見過ごせないところではあります。
写真の本 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


千手警備員 
2011/12/27 /07:05
RIMG0026.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


視界ゼロ 
2011/12/26 /07:05
PC086837.jpg
おばさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


巡回なう 
2011/12/25 /07:05
メリークリスマス!!

_IGP6799.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


大神宮ルベル 
2011/12/24 /07:05
PC086851.jpg
建物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


脇見歩行 
2011/12/23 /07:05
RIMG0002.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


家族経営 
2011/12/22 /07:05
RIMG0030.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


ワインレッドの心 
2011/12/21 /07:05
IMGP6389.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


デリバリーのデリバリー 
2011/12/20 /07:05
RIMG0094.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


正義の面影 
2011/12/19 /07:05
IMGP6409.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


あいのひととき 
2011/12/18 /07:05
IMG_7005.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


迷い多き人生 
2011/12/17 /07:05
IMG_7285.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


カメラ選びについて 
2011/12/16 /18:00
僕自身は『カメラ』自体にそれほど精通している訳ではありません。
それでもこれから写真を始めたいという方よりは少しだけ詳しいということで、
よく『カメラを買おうと思うんだけど・・』という相談を受けます。

そんな時に僕は『どんな使い方をするのですか?』と確認してから、
『これだけは!というのを3つ考えて下さい』と返した上で、一緒にカメラ売り場へ行くことにしています。
そして背中を少し押す・・、という事を繰り返しているのですが、
これは部屋選び、会社選びの相談を受けた時なんかも全く同じことが言えますね。

かくいう自分がどうかと考えてみました。
優先順位として

1、起動が早い
2、押せば写る
3、軽い
※(風雨に強ければ尚可)

スナップをメインとしているので、やはり起動の速さ。
構えた瞬間がシャッターを切れる瞬間でもあるのが何より優先します。
ゴチャゴチャ考えずに直感で写せるのも大切ですし、非力な人間なので軽さも大事。
そして雨でも風でも撮れる力強さがあれば完璧。
風雨の点を除けば、そもそも起動の要らない、
『写るんです』又はフィルム時代の『ライカ』が最高!というのが僕の持論ではあります。

きっと人によって全く優先順位が違うでしょうし、
どこかのメーカーで大規模なアンケートを行ったら面白いでしょうね。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


資産公開 
2011/12/16 /07:05
IMG_7036.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


混迷の時 
2011/12/15 /07:05
IMGP6218.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


今宵の月のように 
2011/12/14 /07:05
_IGP6491.jpg
建物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


吾輩は石である 
2011/12/13 /07:05
_IGP6504.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


7→9 
2011/12/12 /07:05
IMGP6258.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


月よさらば 
2011/12/11 /07:05
昨夜は皆既月食。

僕の住む街は錦糸町。
空に瞬く無数の星よりもネオンの方が喧しい街ではあります。

けれど今夜は特別な日。
痛む首を時折さすりながら、一人でずっと天体ショーを眺めていた一時間余り。

近所のスナックのママが出てきて僕に話しかけてきました。
『お兄ちゃん、月見てるの!?綺麗だわよねぇ!』
『ええ、滅多に見られないですしね。』
『そうよ、兄ちゃん!アタシなんか次の月食の時は棺桶だからね!ハハハ!』
『・・ハハハ』
なんて話しながら一緒に空を見上げていると、店の中からはカタコトのお姐さんやら、
オッサンの肩車に乗った少女やらが連なって出てきます。

ママは興奮したのか、両隣の店に乗り込んで人を引っ張り出してくる始末。
いつの間にか大所帯になった夜の住人達と一緒に眺める月の満ち欠け。
日本語の怪しいお姐さん達は、やっぱりカメラの使い方も怪しくて、
上手く撮れないヨー!なんて笑いながら向ける先には欠けた月。
それを見ては肩の上で笑う少女。

ふと周りを見渡せば、どの路地裏にも空を見上げる人の陰。

昔と違い『みんなが楽しんでいるアレ!』といったものが少なくなった昨今。
今年で言えば地震のニュースぐらいが共通体験として言えるかも知れませんが、それでは余りに寂しすぎる。

この天体ショーは年の瀬にお月様がくれた、粋なボーナスかも知れません。

IMGP6336.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


EZ DO DANCE 
2011/12/10 /07:05
071009-PENF41_20111201170842.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


不思議の国 
2011/12/09 /07:05
070802-EOS08.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


一日の終わりに 
2011/12/08 /07:05
090117-ライカ-04
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


おおきく振りかぶって 
2011/12/07 /07:05
070524-スメハチUP31
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


機動戦士 サンダム 
2011/12/06 /07:05
CA390110.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


 
2011/12/05 /08:31
070816-スメハチ07
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


傍に 冬の足元 冬の空 
2011/12/04 /07:05
071201-PENF36.jpg
美しいもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx next