カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2013/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2013/09
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

イチロー双子説 
2013/08/31 /07:05
DSCF9020.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ゲイシャハラキリヨドバシカメラ 
2013/08/30 /07:05
DSCF8969.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(4) * Page top↑


指紋の坩堝 
2013/08/29 /07:05
DSCF8965.jpg
建物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


老人の海 
2013/08/28 /07:05
DSCF4887.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


オレたよ!オレ!オレ! 
2013/08/27 /07:05
DSCF8547.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


しゃがむ大捜査線 
2013/08/26 /07:05
DSCF5881.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑


RED JAZZ 
2013/08/25 /07:05
DSCF8860.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


異国の食文化 
2013/08/24 /07:05
DSCF8446.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(1) * Page top↑


【レポート】第一回 互いのポートフォリオについて言い合う会 
2013/08/23 /20:30
普段なかなか自分のポートフォリオについて率直な意見を聞く場はなく、
じっくり観て貰うことも、観ることも、意外に難しいものです。そこで開催したのがこの会。

変則的な日程にも関わらず、有難いことに11名(自分を含む)の参加があり、
仕事を休んだ猛者も2名という、極めて熱い会になりました。

DSCF8334.jpg

しかし、ただポートフォリオを持ち寄っても漫然と終わってしまうのは明らかなので、
開催にあたって幾つかルール設定を行いました。
会場で配布したレジュメと説明を要約すると、こんな内容になります。

【ルール】
・参加者は『レビューを受ける側』『レビュワー』という2つの役割を同時に担う
・他人の作品をレビューする時は『どうやったらより良くなるか?』を考えながら観る
・作品についての言い合ったとしても、レビューが終わればノーサイド
・レビューの巧拙を競う場ではないので、何でも感じたことを言葉にしてみる

【進行方法】
①全員のポートフォリオを観て回る
 -終わった後に観てないポートフォリオがないということを防止するため
②クジ引きで2人1組を作って貰い、各組で相互レビューを行う(20分)
 同じ方法で3セット、組合せを変えてレビューを行う
 -知合い同士での組合せで遠慮がちになるのを防止するため
 -相手に声を掛けるのが得意でない人にも平等に機会を与えるため
③残り時間はフリーで組み、心ゆくまでレビューし合う

DSCF8359.jpg

①の頃には固さのあった参加者も、②のレビューが始まると徐々に集中しはじめ、
1回目のレビューが終わる頃には、すっかりエンジンが掛かった様子。
3回目のレビューが終わった時には、僕が終了の声を掛けても耳に入らない人が多数でした。

③の時間が終わっても物足りない様子だったので、そのまま近場に場所を移しての二次会へ。
最終的に解散したのは20時。
13時に開始してから実に7時間に渡り、ひたすら写真の話をし続けるという濃密な時間となったのです。

企画者としては進行に反省点も多々あり、各参加者が何を感じたのかまでは分からないのですが、
こういう場を欲している人が少なからずいること。
それが集まれば面白い企画をたくさん打っていけそうであることが分かりました。

僕自身も学ぶところが多々あり、さっそく第二回について案を練っていきたいと思います。

DSCF8363.jpg

DSCF8378.jpg

DSCF8366.jpg

DSCF8400.jpg
未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


はさんでひらいて 
2013/08/23 /07:05
DSCF5202.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ヒト・ビトゥン 
2013/08/22 /07:05
DSCF8705.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


吉原の日常 
2013/08/21 /07:05
DSCF7973.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


開かずの扉 
2013/08/20 /07:05
DSCF8711.jpg
建物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


最終確認所 
2013/08/19 /07:05
DSCF6960.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


涼風涼麺 for MEN 
2013/08/18 /07:05
DSCF8462.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


嫁に報告 
2013/08/17 /07:05
DSCF8723.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(4) * Page top↑


具の骨頂 
2013/08/16 /07:05
DSCF6923.jpg

看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


3年豚組 トンパチ先生 
2013/08/15 /07:05
DSCF7150.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


猛暑モーション 
2013/08/14 /07:05
DSCF6467.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


野戦病院 
2013/08/13 /07:05
DSCF8150.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【募集】互いのポートフォリオについて言い合う会 
2013/08/12 /20:30


▼READ MORE
未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


入居者募集中☆ 
2013/08/12 /07:05
080907-ライカ58
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


浅草行進曲 
2013/08/11 /07:05
DSCF7850.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


理想と現実 
2013/08/10 /07:05
DSCF3587.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


不協和線 
2013/08/09 /07:05
DSCF7979.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


モノ?イキモノ? 
2013/08/08 /07:05
DSCF7709.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


浅草の日常 
2013/08/07 /07:05
DSCF7841.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


資本主義の申し子 
2013/08/06 /07:05
DSCF7727.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


断崖少女 
2013/08/05 /07:05
_IGP0822.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【森山大道をインストールする】 
2013/08/04 /20:30
現代日本で写真をやるなら、特にスナップをやるなら避けては通れない巨匠、森山大道。
いわゆるアレ・ブレ・ボケと表現される彼の写真は幾度となく目にしてきたが、
今までどうしても自分の中に入ってこなかった。

代表作の一つ、三沢の犬の実物を見ても、その他の展示を見ても、写真集を見ても、
その荒々しくも高度な焼きや、カッコ良さしか伝わってこなかった。
アレ・ブレ・ボケという手法は理解できても、その必然性が全く理解できなかったからだ。

そんな中、写真集団シメンソカでメンバーである松崎ヒロノブの発案により、
アレブレボケのスタイルで撮ってみようという試みを行った。
<その活動の様子はこちら>

渋谷の街で1時間半、メンバー各々が散って撮り歩く。
僕は愛機X10の設定を、それっぽくして撮り始めた。

アレさせるために、ノイズリダクションをOFF。
ブレさせるために、不安定な持ち方。
ボケさせるために、AFはオフ。

4-5分で何枚か撮り液晶で画面を確認したところ、
何となくそれっぽい写真が写し出されたのを見て感じたのが、どうしようもない違和感だった。
こんなのは結果を真似ただけで、ただの画像じゃないか!!違う!絶対に違う!と。

そこで、彼の言葉やスタイルを思い出してみると、
『量のない質はない』『ノーファインダー』という2つが思い浮かんだ。

今の自分が撮った写真と何が違うのかを考えて辿り着いたのが、
『自分の眼とカメラを、本当の意味で限りなく連動させる』こと。
そこで、カメラを眼の位置に近い位置で構え、ファインダー、液晶は使わず、設定は固定。
自分の目が何かに留まったら、シャッターを切るという行為を『意識さえせず』に切る。

もう自分のマブタがシャッター!という位の意識で再び飛び込んだ渋谷は分厚く、
撮ってるうちに今まで感じたことのない興奮状態に陥りはじめ、
駅から横断歩道を渡らない範囲をグルグルと歩き回りながら30分が過ぎたところで、
僕はもう歩けなくなってしまった。
普段なら無意識にフィルターを掛けて見落としている世界が素通しで入ってくるため、
とにかく情報量が多く、興奮状態を維持していないと耐えられないからだ。

腰を下ろして確認すると、カメラには300枚余りの写真。
持ち時間1時間半のうち正味1時間が終わる頃には450枚の写真。
レンジファインダーカメラで、この密度の枚数は今までにない経験でもあり、
母数が大きいため自分が何を見ているのか、傾向がハッキリと見える。
そして多くの写真が、意図せずアレて・ブレて・ボケていた。

ここで初めて、僕の中に森山大道が入ってきた。
あの一連の作品は写真の効果ではなく、撮っていく中での必然であったのかと。
ノーファインダーは、自分の視線や反射に忠実であるため。
量はその行為の中で必然的に生まれるものだったのかと。

量を撮るという事は、それだけ膨大なエネルギーを持っているという事であり、
エネルギーが大きいという事は、それだけ写真も強くなる。
つまり作品としての強度も比例して増していくからこその巨匠である。

もしかすると全く的外れなのかも知れないが、僕はそのように理解した。
そして同じスナップでも、僕のとは全く別のスタイルだなぁとも思う。

次に森山大道展を見る時、僕はどんな感想を抱くだろう。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx next