カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2015/03← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2015/05
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

就寝前のひと時 
2015/04/30 /07:05
DSCF8619.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


アソコの地上絵 
2015/04/29 /07:05
DSCF5055.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


漁協 
2015/04/28 /07:05
DSCF9176.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


チキチキマシン猛レース 
2015/04/27 /07:05
DSCF7115.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(3) * Page top↑


時空転送装置 
2015/04/26 /07:05
DSCF6310.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


選挙特需 
2015/04/25 /07:05
DSCF7801.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


完全勝利 
2015/04/24 /07:05
DSCF5770.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


・・タコ? 
2015/04/23 /07:05
DSCF9014.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


同期の桜 
2015/04/22 /07:05
DSCF9063.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


快撮熟女 
2015/04/21 /07:05
DSCF9072.jpg
おばさん * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


デッパリを、授ける 
2015/04/20 /07:05
DSCF7842.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


旅人 
2015/04/19 /07:05
DSCF8585.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


銀玉乱太郎 
2015/04/18 /07:05
DSCF7110.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


便乗婚活 
2015/04/17 /07:05
DSCF8673-2.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


免許産業 
2015/04/16 /07:05
DSCF7813.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


今夜は帰りたくない 
2015/04/15 /07:05
DSCF8617.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


生きる 
2015/04/14 /07:05
DSCF7150-2.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


新入社員歓迎会 
2015/04/13 /07:05
DSCF8631.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ネズミの玉座 
2015/04/12 /07:05
DSCF7799.jpg
傑作選 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ご注意してください 
2015/04/11 /07:05
DSCF7713.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


頭隠さず 尻隠さず 
2015/04/10 /07:05
DSCF7907.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ツギハギだらけの時間 
2015/04/09 /07:05
DSCF7649.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


青い恋 
2015/04/08 /07:05
DSCF7919.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


集団ロン毛 
2015/04/07 /07:05
DSCF3612.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【うつゆみこWS】第1回猫騙し写真会 
2015/04/06 /07:05
ひとつぼ展(現1-WALL)グランプリ、写真新世紀入賞などの経歴を持ち、
写真集『はこぶねのそと』などでも知られる気鋭の写真家うつゆみこさん。
彼女の作り出すグロテスクなのにユーモアに富んだ世界は真似できない。
(参考までに彼女の作品を↓)

81QId4NEGzL.jpg

2-51XbCVzu1VL.jpg

そんな彼女が自宅を使いWSを行うという。
もともと数名の少人数向けWSの第1回ということもあり、今回は僕1人の贅沢なWS。

朝10時から愛娘を背に笑顔で出迎えてくださった彼女の自宅は、夫婦と子供たちの気配に満ちた柔らかな空間。
リビングのテーブルに用意してあったのは、

・今回の題材である人形(大きさ1-2cm)200体前後
・彩色用のパレット
・絵筆
・彩色用の溶剤

DSCF6762.jpg

人形はいわゆるジオラマに使われるタイプのもので、無彩色の物の中から好きな物を3つを選ぶ。
それに対して自由に彩色を施すのだが、これが本当に難しい。
米粒より少し大きい程度の人形を指先につまみ、絵筆の先でチョコチョコと色を塗る。
色を塗ったら乾かし、重ね塗りで色に厚みを持たせ、最終的には顔の表情を出すために目や唇まで塗る。
塗り方、姿勢など細かなコツを教えてくださるが、これはやってみなければ分からないことばかり。
『目を入れることで魂が入るんですヨ!』とのアドバイスも、実際に塗ってみて納得。

DSCF6789.jpg

彩色が不慣れな上に、ついつい話すのも楽しく、随分と時間が掛かってしまった。
その間にもお茶や昼食を出してくださったり。
ラジオからの音と子供の声が響く優しい時間は、WSというより親戚の家に遊びに来たような錯覚を覚えてしまう。

手作りの美味しい昼食を食べて気がつけば残り時間1時間半。

DSCF6784.jpg

予めどんな作品を作りたいというイメージを膨らませ、
本棚にある多くの写真集や資料集の中から、イメージに合う物を選択。
僕が選んだのは和を感じさせる本。
本を開いてライティングしながら先ほどの人形を配置し、世界を作り上げていく。

IMG_1066.jpg

本を撮り終わったら、次は食材。
引き出しのたくさんのキッチュな皿から1枚を選び、クラッカーと人形を上手いこと盛付けて、
これまたライティングをしながら撮影。

DSCF6806.jpg

IMG_1080.jpg

それが終わると、今度は壁一面の引き出しの中から、布やら化石やら昆虫やらカブトガニやらヒトデやらが現れた!
分かっちゃいても実際に目にすると動揺する。
穏やかな民家の、穏やかな昼下がりに突然現れる非日常。この飛距離がまさにはこぶねのそと。

ある意味でここからが本番なのかも知れない。
僕は勧められる中からヒトデを手に取り、撮影を開始した。
すると今度は、ニコニコしながらラメの布を差し出してくださる。
『これがマクロだといい感じになるんです』と。
まさかと思いつつ、マクロで撮ってみるとアラ不思議。
銀色に輝く水平線が目の前に現れて、平凡な老夫婦の人形はあっという間に波間を漂い始めた。

IMG_1091.jpg

これがイメージの世界というものか。
僅か2cmに満たない人形を中心として、水平線の彼方まで見えてくる。
ファインダーという狭い視界の中に、無限の世界が広がっていく。
普段はスナップでその場の状況に任せて撮っている僕にとって、全てが新鮮な世界だった。

これだけの濃いWSながら、受講料は5000円。
価格は2-3人の人数や内容によっても上下するそうだが、破格と言える。
WSの内容は他にも、市場で魚介類を仕入れての撮影や、布を買ってのセルフなどなど。
想像力に彩られた、たくさんのコースがある模様。

彼女の作品が好きな方にも、昆虫嫌いを克服したい方にも、単に興味があるだけの方にもオススメ。
WSの情報はこちらから『うつゆみこの日々のこまごま2
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


月光 
2015/04/05 /07:05
DSCF8246.jpg
ふうけい * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


君には荷が重い 
2015/04/04 /07:05
DSCF7591.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


自分の力で 
2015/04/03 /07:05
DSCF7157.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


液晶風景 
2015/04/02 /07:05
DSCF8086.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ジャパニーズブラック 
2015/04/01 /07:05
DSCF8139.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx