カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

ここはパパのオゴリ 
2017/06/22 /07:05
DSCF4332.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


右か左か両方か 
2017/06/21 /07:05
DSCF4527.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


あー、はい、はじめますよ 
2017/06/20 /07:05
DSCF4511.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


集客力 
2017/06/19 /07:05
DSCF4814.jpg
群像 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


温室三姉妹 
2017/06/18 /07:05
DSCF3483.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


猫止め 
2017/06/17 /07:05
DSCF4103.jpg
動物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


スカイツリーソラマチ・リウマチ 
2017/06/16 /07:05
DSCF3850 (2)
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


神輿いき電車 
2017/06/15 /07:05
DSCF2705.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


父、帰る 
2017/06/14 /07:05
DSCF3536.jpg
おじさん * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


ドM建築 
2017/06/13 /07:05
DSCF4415.jpg
建物 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


僕の右手を知りませんか 
2017/06/12 /07:05
DSCF3102.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


信頼商法 
2017/06/11 /07:05
DSCF3109.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


彼岸 
2017/06/09 /07:05
DSCF3775.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


あっ!やせいのコドモンがとびだしてきた! 
2017/06/08 /07:05
DSCF3795.jpg
こども * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【Nicolas janowski との写真談義】 - T3 PHOTO FESTIVAL - 3/3 
2017/06/07 /07:05
フォトグラファー Nicolas janowski 氏。
T3 PHOTO FESTIVALプロデューサーである速水惟広氏からの縁で、
彼は僕の家に数日ホームステイすることになった。

※ 略歴 ※
アルゼンチン ブエノスアイレス出身。
先日開催された『T3 PHOTOFESTIVAL』で、講演・レビュアーと務めたNicolas janowski。
国際的なアワードを幾つも受賞し、キュレーターとしてのイベントも多く手がけつつ、
人類学者としても時おり大学で教鞭を取っている。
http://nicolasjanowski.net/Home/

最後の3回目として、彼の人柄と見識に敬意を表し、その作品と彼から学んだことを書いておきたいと思う。

彼は出自であるブエノスアイレスから車で3-4日、
飛行機でも数時間かかる、世界の果てで作品を撮り続けたという。
南米大陸というと暖かいイメージがあるが、南極に最も近い島。ほぼ南極。
寒いなんてもんじゃないと、彼は何度も思い出しては震えながら話してくれた。

世界の果てにも僅かに人は住んでいて、彼らは非常に地元への愛着を持っているという。
厳しい極寒の景色と住人たちの様子が、ニコラス独特の青みがかった世界で表現されている。
何年も通って撮ったんだよと彼は写真だけでなく動画作品も見せてくれたが、
その青さが不自然ではなく、写真や映像では伝えきれないであろう過酷な世界と文化を表現したいという
彼自身の苦闘の色にも見えて重みを持たせている。
マルチな顔を持ちつつも、何度もそこへ赴き撮り続けるという点で、彼も狂気を充分にはらんでおり、
優れた写真家としての資質を感じさせる部分であった。

また、写真以外に彼から学んだことは、彼の日本での立ち振る舞いだった。
当然ながら日本語など全く話せないし、ジョークのセンスも異国人のものであるけれど、
短い期間でも日本人に合わせよう、知ろうという姿勢を常に崩さなかった。
僕も今まで海外に出たり、日本に来ている異国人と接する機会は多少あれど、
ショートステイであれだけ真摯に取り組んでいる異国人は初めてだった。

郷に入りては郷に従え。
シンプルでいながら意外に難しいこのことを、彼の姿はよく伝えてくれていた。
他国の文化に対する関心と尊重の念が為せるものだと思う。

170524 ニコラスアルバム_170604_0006
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【Nicolas janowski との写真談義】 - T3 PHOTO FESTIVAL - 2/3 
2017/06/06 /07:05
フォトグラファー Nicolas janowski 氏。
T3 PHOTO FESTIVALプロデューサーである速水惟広氏からの縁で、
彼は僕の家に数日ホームステイすることになった。

※ 略歴 ※
アルゼンチン ブエノスアイレス出身。
先日開催された『T3 PHOTOFESTIVAL』で、講演・レビュアーと務めたNicolas janowski。
国際的なアワードを幾つも受賞し、キュレーターとしてのイベントも多く手がけつつ、
人類学者としても時おり大学で教鞭を取っている。
http://nicolasjanowski.net/Home/

夜に上野で合流し、我が家へ到着。
僕に見せたい物を持ってきたと、彼は大きな荷物の中から何冊かの本を取り出した。
それは彼の掲載されている本であったり、深瀬昌久や森山大道の写真集。
森山大道の写真集を開いて見せながら、『サイン入りなんだよ!』とニコニコ笑う。

もう1冊の『深瀬昌久/Ravens』は、以前1度だけ藤井ヨシカツ氏に見せてもらって以来、憧れの写真集。
彼が持ってきたのは最近復刊されたばかり未開封品だった。
『見なよ!』と彼は差し出すけれど、未開封を開けるのは忍びない。
先にニコラスから見て欲しいと言っても『いいから見なよ!』と聞かないものだから、
最大限の丁寧さで開封する。

本当に好きな写真集でもあるし、僕は1ページづつゆっくりと進めながら、つい無言になってしまう。
彼はそんな僕を眺めながら、ずっとニコニコしているようだった。

『中学生や高校生の頃、大好きなミュージシャンのCDを買った時のことを覚えている?』と、僕は彼に尋ねる。
『覚えているよ』と彼。
『急いで家に帰って、プレーヤーにCDを入れる時のことを?』
『ああ、覚えているよ』
『その時の感覚にとても似ている』
『分かるよ』
『写真集って、音楽にとても似ている気がするんだよ』
『その通りだよね・・』

と、やっぱり彼はニコニコしながら言い、
東京の夜は更けていくのでした。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


【Nicolas janowski との写真談義】 - T3 PHOTO FESTIVAL - 1/3 
2017/06/05 /07:05
フォトグラファー Nicolas janowski 氏。
T3 PHOTO FESTIVALプロデューサーである速水惟広氏からの縁で、
彼は僕の家に数日ホームステイすることになった。
これから3回に分けて、その思い出を書いていこうと思う。

※ 略歴 ※
アルゼンチン ブエノスアイレス出身。
先日開催された『T3 PHOTO FESTIVAL』で、講演・レビュアーと務めたNicolas janowski氏。
国際的なアワードを幾つも受賞し、キュレーターとしてのイベントも多く手がけつつ、
人類学者としても時おり大学で教鞭を取る。
http://nicolasjanowski.net/Home/

夜に上野で合流し、我が家へ到着。
互いに作品を見て語り合いたいと思っていたら、図らずも唐突にレビューのような形になった。

『Show your work』と彼は言う。
そうか、プロであることが当然の海外作家にとって、写真は当然に『work』なのだ。
写真も『picture』でなく『photo』という表現になる。

僕はそんなことを考えながら、自分のスナップポートフォリオを彼に差し出した。
ひとしきりサラリと見た後
『皮肉、ユーモア、楽しさが全編にあるね』
『イワオは日本人らしくない、ヨーロッパやドイツの写真家のようだ』
と、構図の取り方など、この辺がドイツっぽいと丁寧に説明してくれる。

『Another work?』と彼が言うので、ずっと取り組んでいる別テーマのポートフォリオを渡す。
これはキャプションがあるので、彼に説明しながら進んでいく。
先ほどとは変わり、彼は何度ポートフォリオを見返しただろう。
食い入るようにポートフォリオをめくり返しながら彼は言う

『これはスナップとは全く次元が違う』
『日本の社会に何が起こっているのか考えさせられる』
 社会への問題提起として、菊と刀に通じるところがある』
『これは写真ではなくコンテンポラリーアートだよ』

『サイトを別に立ち上げた方がいい、そしてもっとソリッドに絞る。
 この作品なら多くて20枚。そうすると凄くパワフルになるよ』
『ギャラリーではなく、大きくプラスチックにプリントして公共スペースに展示した方がいい』

『このポートフォリオの中で、写真のものとアートのものがある
 それが同じテーマであっても大きく違う、この違いは大きいよ』

『この作品を世界につなげるには・・』
『イワオの作品に近い作家はこの人だよ・・』などなど、

ずっと今までニコニコしていた彼が、この話の間は一切の笑顔もない。
僕もきっと射るような眼で彼を見ながら話していたことだろう。
今まで受けたレビューとは熱量がまるで違う。
どうやったらアルゼンチン人から菊と刀という言葉が出てこようというのか。

決して英語の上手くない僕のために分かりやすい言葉で、
時にWebサイトや映像も紐解きながら約2時間に渡り、作品について意見とアドバイスをくれた。

本来なら安くない対価を払ってレビューを受けるのが当然で、ここにその全ての内容は書かないけれど、
彼からのホームステイに対する御礼の気持ちと、写真への愛なのだろう。

本当にたくさんのヒントと後押しを貰った。
この熱意と善意に応えるためにも、自分の作品を変えていこうと思う。

13時間の時差ボケと疲れで、話が終わった頃に彼の眼の下は真っ黒だった。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


百発百中 
2017/06/04 /07:05
DSCF1034.jpg
* Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


花より自撮り(結果確認) 
2017/06/03 /07:05
DSCF3402.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


夏アタマ 
2017/06/02 /07:05
DSCF3621.jpg
わかもの * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


壁の中の自由 
2017/06/01 /07:05
DSCF3749.jpg
看板 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx