FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/07
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

東北地方太平洋沖地震-都内の様子- 
2011/03/14 /14:57
地震から3日が過ぎ、いよいよ月曜の朝を迎えました。

東京電力の計画停電が二転三転したこともあり、駅で多数の勤め人が途方に暮れる様子が見られました。

今回の騒動で責められるべきは東京電力ではなく、
こんな状況にも関わらず、速やかに自宅待機を命じない大多数の企業にあるのではないかと考えます。
停電の最中に大きな余震が来た場合、二次災害は甚大なものになり、
多数の帰宅難民が再び発生するのは誰にでも分かる道理です。

また、我々のような勤め人も
『とにかく会社へ!』ではなく、
『とにかく家族と!』へと意識を切り替える必要があるのではないでしょうか。

今回の様子は、数十万人が大嵐の中で『ちょっと田んぼの様子を見てくる・・』と言ってるのと同じです。
このような状況で『とりあえず行けるところまで』という感覚で出勤すべきではありません。

なんとなくみんな会社に向かってるっぽいから・・といって出勤して被災した場合、
なんの装備もない丸腰のサラリーマン一人を救出するために、どれだけの人員が必要であるか、
残された家族を支えるために、どれだけの労力が必要であるかを考えれば、
自分の意思で仕事を切る勇気も必要ではないしょうでか。

我々一般市民にとって一番の防災対策は、家族と一緒にいることです。
力の弱いお母さんや子供だけでいるより、お父さんが傍にいるだけで、どれだけの悲劇が防げるかということ。

会社で決算の書類一枚を作れなくとも命まで落とすことはありませんが、
家族と離れ離れであったために、職場から逃げられなかったために命を落とすことは多いのです。

身を粉にしてライフラインの復旧や、様々な活動に従事している方々には本当に頭が下がる一方、
普通の勤め人であれば、自宅待機して災害に備えることも、また責任ある『仕事』であると思うのです。

P3143699.jpg

P3143676.jpg

P3143706.jpg

P3143707.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1225-6b62a7bf












xx HOME xx