FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

東北地方太平洋沖地震-ちょっといい話- 
2011/03/17 /22:22
会社のある千葉県美浜区は、液状化であふれ出た砂が乾き、砂塵の舞うゴーストタウンと化しています。
帰りの電車から眺める町並みは、明かりが消え、人の姿もなく、これが経済大国の姿かと思えます。
テレビでは毎日、余震と原発のニュースばかり。

そんな気の滅入る毎日に、ちょっと良い話を。

震災当日、徒歩で帰宅する人々で溢れかえる道沿いで見かけた光景。

P3113595_20110317220626.jpg

P3113596.jpg


国道沿いにある古びた民家の車庫に置いてあった椅子。

ふと目を留めると、写真の通り。

『このオニギリの中身は梅です。
 遠い方はどうぞお持ちください』

との一文。
隣に置いてあるもう一つの椅子には、

 『休んでください』と。

名もない市井の女性の心遣いに多くの帰宅者が足を止め、束の間の笑顔を取り戻していました。

P3113604_20110317221010.jpg

他にも軒先に椅子を用意してくれている家を、何箇所か見かけました。
各地点の距離が離れていることから、それぞれが独自に思いついて用意してくれたことは間違いありません。

悲惨なニュースや、基準値も示さずに『通常の何百倍の放射能!!』とか、
マスコミは不安感を煽ってばかりですが、
その陰で自衛隊は1万6000人を救出していたり(死者・行方不明者を上回る数です)、
このような善意の物語も数え切れないほど存在しています。

それは決して忘れてはいけないと思うのです。
雑感 * Trackback(0) * Comment(6) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
こた
2011.03.17 (23:50) xx URL xx EDIT
>それは決して忘れてはいけないと思うのです。

まったくですね。
それと、今後の米軍の援助活動に要注目だと思います。
Nikon爺
2011.03.18 (20:40) xx URL xx EDIT
本当はコレが‘普通‘な事だと思いますね。
今の生活の中、その‘普通‘さを、忘れちゃってますね。
普段から偉大なる‘普通‘を忘れないように努めたい。
心暖まるショットです。。
スメハッチャン
2011.03.18 (23:08) xx URL xx EDIT
>こたさん
こんな時だからこそ、明るいニュースに目を向けるべきべきだと思います。

今後の米軍の援助活動は注視していきたいですね。
スメハッチャン
2011.03.18 (23:09) xx URL xx EDIT
>Nikon爺さん
全くその通りだと思います。
こうやって小さな助け合いの中で生きているのが『普通』のことなんですよね。
どんな時も忘れないようにしていきたいです。
蒼玉
2011.03.20 (23:23) xx URL xx EDIT
こんばんは。
少しずつでも落ち着かれていたらいいのですが。

神戸のときでも、こんなホッと心の温まる話はありました。
まだ寒い朝にホットコーヒーのサービスをして下さっていたり、カイロを配ってくれたり。
列に並んでいるときに、飴玉が回ってきたこともありました。
道なんてうねっていたり、平気で家が傾いていたり、瓦礫がそこかしこにあったりするんですが、でも誰も文句言わずに黙々と歩いていましたね。
復興に携わる人が不眠不休で頑張ってくれているのが分かっているから、自分たちにできることはそれを待つことでしたから。

ただ、それが海外から美徳と言われているので、こちらが面食らっているところです(笑)
スメハッチャン
2011.03.22 (22:59) xx URL xx EDIT
>蒼玉さん
地震という天災自体は絶望をもたらすものですが、
その後に見られる人の優しさや強さからは、絶望の何倍もの希望を感じさせられます。

それにしてもやはり、日本人の忍耐強さには驚かされました。


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1229-cc7a26d7












xx HOME xx