FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

東北地方太平洋沖地震-写真のチカラ- 
2011/03/29 /07:05
週末に平間至氏の『ギャラリーPIPPO』に行ってきました。
塩竃フォトフェスティバルでレビューしていただいて以来、一年半ぶりにお目に掛かったのですけど、
相変わらず恰幅のよい癒し系ボディですが、顔には若干疲れの色。

というのも、故郷である宮城県塩竃市が被災地となってしまったため、
平間氏は自分の車を使って救援物資を届けたり、心休まらない毎日を送られているようです。

平間氏いわく、
『現地に着くまでは、写真に残しておこうと思ったけれど・・、
 いざ現地に着くと、シャッターを切れなかった』とのこと。

テレビで散々目にする被災地の様子ですが、現実に目の当りにすると、
それは言葉を失うようなものでしょう。まして生まれ故郷なら尚更。

そんな中、平間氏を中心とした復興支援活動が広がりつつあります。
それがこの『塩竃フォトフェスティバル公式ブログ』で始まった活動。

僕がいた間にも、支援物資を持ってギャラリーを訪れる人などの姿が見られました。
これって凄いことだと思うのです。
写真の繋がりを通して支援物資が集まり、それを集約して届ける人がいる。
大災害の前に、写真の持つ繋がりは微々たる物かも知れませんが、決して無力ではないのですね。

平間氏は言います。
『現地に行ってみてね。これは一回限りで終わるものじゃないと思った。
 どうやって続けていくかが本当に大切だと思う・・』と。

今後どのようにして、あの風光明媚な塩竃市の景観を復興していくか(塩竃に限らずですが)、
塩竃に少なからず思い入れのある僕としては、いろいろと考えさせられる言葉でした。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1238-8b8f8aa3












xx HOME xx