FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

成長産業 
2011/09/15 /07:05
ほぼ間違いなく、ここは人で溢れかえる事になるでしょう。
早ければ数年後に。

大人だけならまだしも、最も患者の増加が考えられるのは子供達。
チェルノブイリネックレスと呼ばれる甲状腺癌の手術痕が、日本の子供達の首にも刻まれる日が来るかと思うと
暗澹たる気持ちにならざるを得ません。

癌関連の産業が一大成長産業と呼ばれる、そんな日が来ないことを願うばかりです。

IMGP2134.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
morita
2011.09.17 (12:06) xx URL xx EDIT
そうね、、、私も29歳でパセドウから甲状腺全摘して、
検査したらガンだった!という経緯を持ってるので、
首に傷がありますw。
それでなくても甲状腺の病はストレスでもなりやすいので
子供達のこれからは心配です。
スメハッチャン
2011.09.17 (22:22) xx URL xx EDIT
>moritaさん
そうだったのですね。
若い頃の癌は危険ですから、本当に大変な思いをされましたね。
地震や天災や、自然に罹る病は誰を恨むこともなくあきらめる事ができますけども。
今回のような人災で子供達の未来が奪われるのはいたたまれません。


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1410-fc53238b












xx HOME xx