FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

写真雑誌について考える 
2011/12/27 /18:44
日頃から写真雑誌について考えていることを。
特定の意思はなく、あくまでも私見です。

雑誌の売れない時代であると言われて久しいですが、カメラ雑誌に限って言えば健闘しているようにも見えます。
アサヒカメラ・日本カメラ・フォトコン・CAPA・デジタルカメラマガジン・
ファットフォト・カメラ日和・写ガール・カメラライフ・F2.8・カメラマガジン・snap・etc・・
数年前に比べて、格段に雑誌数は増えました。

しかしコレは!という雑誌がないのも事実。

かつてはアサヒカメラ・日本カメラが両巨頭だったのでしょうが、高齢化が著し過ぎて動脈硬化を起こしているのを感じます。
特に今月号のアサヒカメラ表紙などは、巨匠:篠山紀信が撮ってはいるものの、
典型的な『オッサンの考える若いイマドキの女の子♪』にしか見えず、痛々しさが否めないものでした。
両誌とも何十年も同じ面子が堂々巡りの連載を続けていて、載っている写真家も持ち回り。
新しい層を取り込めないのは想像に難くありません。

CAPAなどは、いわゆる『カメコ』的な紙面作りなので、ライトな層や女性層に弱いのではないでしょうか。

若い世代に訴求力の強いファットフォト等の雑誌では、カメラ性能などへの特集が少ないので、
『カメラ』が好きな層にはイマイチ弱いだろうなという気がします。

かといって『カメラ』に特化した写真工業は休刊。
偏執的に何十頁にも渡って『写真』の特集を組み続けたフォトグラフィカも休刊へ。

カメラ日和・写ガール・CL・カメラマガジン・F2.8等はそもそも特定の層に特化しているので、ちょっと別物。

雑誌全体の売上げが落ち込み、パイを食い合う中で抜けた存在がないのは共倒れの危険性を孕んでいます。

そんな中で新規の読者を多く取り込んでいっていることを考えると、
近い将来にはファットフォトが独走していくように思えます。(自分と縁が深いから言っている訳ではありません)
しかし、そうなった場合にメカニカルな特集などはどの雑誌が受け持つのか。
もしくはファットフォトが厚みを増して受け持っていくのか。
若返りを果たしたアサヒ・日本カメラが復権を果たすのか(難しそうですが・・)。

とりあえず毎月コレを読んどけば、だいたいオッケー!!という、オールラウンドな雑誌が出てくれば、
一気に市場をさらっていく気がしてなりません。

写真そのものも面白いですが、雑誌の動向も見過ごせないところではあります。
写真の本 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
nikonfe
2012.01.02 (20:08) xx URL xx EDIT
記事で指摘されてるように、私もカメラ雑誌ほかを買わなくなってます。
その理由として、値段が高くなってる割に収入が増えないというか無職の現状。
そしてカメラ雑誌に関していえば、技巧というか技術論の特集はあるものの、被写体をどう見つけるかといった精神論を書いたものがほとんどないこと。
そんなもの自分で見つけりゃいいんだという人が多いと思いますが、見つけようと思って見つかるものでないのは自分の感性ですから、いわれてもしょうがないかと・・・
それでも、作例を挙げ何を感じどう撮ったかと文章にされれば、そういうものの見方があるのかとヒントになると覆ってます。
技巧論として逆光はこう撮るべきと作例を挙げてるのは数多ありますが、そんなものカメラを何年もやってれば経験則で分かること。
それでもカメラ初心者にはバイブルになるし必要でしょう。
最近というかここ数年では新規参入したカメラ雑誌はあまり見ませんが、それも時代の潮流を反映してのことだと思います。
ただ、トイカメラとかは受け付けない私には、それらの雑誌が薄っぺらに見えてなりません。
その点アサヒや日本カメラは本流を守ってるんでしょう。
広告が大半であまり読みたい記事がないのは残念ですが、コンテストの作品を見るだけでも図書館に行ってますけどね~

私には思いつかないタイトルの写真。
これからも精力的に撮って下さい!
勝手にリンクさせていただきます。
佳い一年を!
スメハッチャン
2012.01.02 (21:34) xx URL xx EDIT
>nikonfeさん
お久しぶりです。
僕はこんな記事を書いてはいますが、アサヒ・日本カメラが一番バランスの取れた雑誌だと思っています。
ここで挙げているファットフォトではまだまだ足りない部分を多々感じてもいます。

往時の写真文化についての記事や、写真展情報、さすがにレベルの高い投稿コーナー、新製品レビューなど、他の雑誌ではこういきません。
若返りさえ果たせば、これからも写真雑誌の旗艦として復権していく余地は大いにあると思うのです。

被写体をどう見つけるかという精神論については、難しいところですよね・・。

トイカメ等を受け付けないとのことですが、写真の裾野がこれだけ広がり、特に女性が増えた昨今にあっては無視できない勢力になっていると思います。
しかし彼等と話していて驚くのは、ブレッソンや木村伊兵衛さえ知らないということ。
写真を『写真!』として考える我々のような層とは、もう全く取り組み方が違うんですね。

そういった層が徐々に多数派になっていくのでしょうし、それが写真全体の裾上げになっていくのなら決して悪いことだとは思いません。

本流としての昔ながらの雑誌がデーン!!と構えていて、追いつけ追い越せで他の若い雑誌が頑張っている、そんな状況が一番いいのかなと考えています。

そしてリンクありがとうございます。
こちらも貼らせていただきますね。

お互いに幸多き一年にならんことを!


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1526-c76de7bf












xx HOME xx