FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

Dialog in the dark 
2012/05/15 /07:05
もう4年位前、『Dialog in the dark』というイベントに参加しました。

完全に光を遮断された建物の中、白杖(目に障害のある方が持っている杖と同じもの)を持ち、
手探りと声のみで彷徨い歩くというイベント。

僕が参加した時には、参加者10名くらいの一団となって何も見えない暗闇を進んだのですが、
全く視界の利かない中に、鳥の声、川のせせらぎ、風の音が聴こえてくるようになっており、
かつ暗闇の中には田舎の古民家、小川、庭が再現されているのです。

視覚に頼れない中でそこを歩いていくのですが、何も見えない中で感じる木の温もり、
川の水の冷たさ、古民家の中にある家具の手触りを感じていくうちに、
不思議と目の前に『見えて』くるから不思議なもの。

もしかすると本当に存在している物とは掛離れているかも知れないけれど、
人間の脳は目の前に対象物を、本物以上に鮮明に作り上げる働きがあるのです。

田舎を楽しんだ後には、別室に通され、そこは同じく暗闇。
なんとそこはBARになっており、暗闇の中でオーダーすると、
何も見えない中でバーテンダーが希望の飲み物を出してくれるという粋な計らい。
(もちろんバーテンダーにも何も見えていません)

僕は当時、写真を始めたばかり。
光を読むことに躍起になっている時期でした。
その自分にとって、全く光のないない中で過ごした時間は衝撃的で、それは今も胸に残っています。
もし光を失ったとしても、もしかして今より凄い写真が撮れるかも知れない。
なんて事を考えたりもしたものです。

暗闇で視覚障害者の気持ちになって考えよう!とか、そんな小さい括りではなくて、
目が見えないことに対して、もっと前向きさというか、逆に人生のアドバンテージなんじゃないかとさえ思わせる
そんな楽しい暗闇エンターテイメント。

写真をやる人間にこそオススメしたいものです。

(この写真はイベントと全く関係ありません)

R0025584.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1670-9a6b823d












xx HOME xx