FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2019/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2019/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

潮目 
2012/07/20 /22:17
思うことを少し。

数年前、中国の毒ギョーザ事件が起こった時に聞いた、
『日本人は食い物のことになると本気で怒る』という言葉が非常に悲しかったのを覚えています。
単なるジョークとしての言葉でなく、その程度にしか政治や世の中の動きに関心がない国民性を鋭く刺していると思えたからです。

そして今。
万余の死者と、数え切れない程の被害者を増やしながら、
原発についての声が上がり始めています。
あれだけ風見鶏を決め込んでいた日本人が、ようやく声を上げ始めているのです。

これまでのデモといえば、いわゆる『面倒くさい人たち』が主体でした。
しかし先日の17万人集会、毎週末の官邸前でのデモなど。
いわゆる『普通の人たち』が多く参加し、自分達の生活や、次の世代についてのことを考えて始めているのです。

これは本当に大変なことで、自分達の意見を出す手段として『選挙』ではなく、
別の手段に国民が気付き始めたことを意味しています。

テレビマスコミでは殆ど黙殺に近い形が取られている現状ではあっても、
確実にその数は増えていて、もしも今回の原発問題についての動きが不発に終わったとしても、
次に大きな問題が発生した時には、更に大きなうねりとなることでしょう。

『ネットで真実!』とか言うつもりはありませんし、
主宰団体のやりようによっては踊らされるだけに終わってしまうかも知れません。

しかし、程度がどの程度であるにせよ、日本人の意識の大きな転換期に差し掛かっていることは間違いなく、
『デモなんて意味ないじゃない』なんて考えでなく、誰もがそれぞれの意見を持って発言できる世の中に、少しづつ変わってきていることを感じます。
民主主義である以上、原発or脱原発のどちらを選ぶにせよ、意見は一つでも多い方が良い。

僕も写真をやる人間として、感じることを何かしらの形で作品として発信していけたらと思います。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/1740-1be522eb












xx HOME xx