FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

友達ができた 
2014/06/02 /07:05
昨日はパートナー、盲導犬トレーナーYさんと共に、
盲導犬使用者さん(ここではSさんとする)の東京観光案内ボランティアに参加した。
書きたいことは山ほどあるけれど、今日はまず一つ。

僕らがSさんに『**というところがあるんですよ』と話をすると、
Sさんは『うわぁ、面白そう!見に行きたいわぁ!』と言う。何でもそう。
『見に行きたい』『見たい』とSさんは言う。
関西から来て、目覚ましテレビ大好きなSさんの情報源はフジテレビ。
お台場でフジテレビの建物やレインボーブリッジについて話をすると、
Sさんは『うわぁ!うわぁ!』と声を上げる。
僕達の声、盲導犬の動き、乗物の動き、音、匂い、感触を通じて、
確かにSさんは世界を『見て』いる。
目が見えているつもりになっている僕らの『見た』は、本当に物事を見ているんだろうか。

最初に挨拶をした時、Sさんはツアーへの不満や、僕らボランティアへの不信を隠さなかった。
難しい人なのかな?と思っていたが、打ち解けてきてからSさんが話してくださるには、
以前、同じようなボランティア学生とディズニーランドへ行った際、とても嫌な思いをされたらしい。
聞いていても確かに酷い話だ。
Sさんが警戒心で壁を作ってしまうのも無理はない。

自分達は目が見える、健常者であるという無意識の驕り。
それは悪意でなく、単に想像力が足りないだけの話。
たまたま身体の機能の使い方が少し違うと言うだけで、Sさんも僕らも何も変わらない。
それを今日の短い時間でSさんと盲導犬が教えてくれた。

怖い顔で挨拶したSさんが、最後は僕らと一緒に笑顔で記念撮影をしてくれたし、
パートナーは今日、Sさんと一緒にカラオケに行くことになった。
写真を見返してみるたびに、Sさんのキュートな笑顔を嬉しく思う。

Sさんは東京に友人ができた。
僕らは関西に友人ができた。
それだけの話なのだろう。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/2455-4a2aa2c0












xx HOME xx