FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【レポート】第二回 互いのポートフォリオについて言い合う会 
2014/08/04 /22:09
昨年の同時期に開催し、各方面から反響をいただいた同イベント。
今回も暑さに負けず集合した7人の猛者が、互いのポートフォリオについてレビューを交し合いました。

運営方法はは昨年とほぼ同様。
【ルール】
・参加者は『レビューを受ける側』『レビュワー』という2つの役割を同時に担う
・他人の作品をレビューする時は『どうやったらより良くなるか?』を考えながら観る
・作品についての言い合ったとしても、レビューが終わればノーサイド
・レビューの巧拙を競う場ではないので、何でも感じたことを言葉にしてみる

【進行方法】
①全員のポートフォリオを観て回る
 -終わった後に観てないポートフォリオがないということを防止するため
②クジ引きで2人1組を作って貰い、各組で相互レビューを行う(25分)
 同じ方法で3セット、組合せを変えてレビューを行う
 -知合い同士での組合せで遠慮がちになるのを防止するため
 -相手に声を掛けるのが得意でない人にも平等に機会を与えるため
③残り時間はフリーで組み、心ゆくまでレビューし合う

DSCF4884.jpg

DSCF4886.jpg

最初は固さのあった参加者も、1回目のレビューが終わる頃には熱がこもりはじめ、
2回目のレビューを終える頃には、終了時刻の掛け声が掛かっても話が止まることはありませんでした。
3回目からフリーレビュータイムにかけては、各々が半ば自主的に動き始め、
互いの作品について自由に、各人の持ちうる表現方法で話し合えていたように感じられました。

DSCF4922.jpg

DSCF4916.jpg

この会を通じて痛感するのは、自分の作品/他人の作品に関わらず、
自分の作品を口に出して説明することの大切さ。
相手の作品について感じたことを言葉に乗せて伝えることの難しさ。
そして何より、普段は言いにくいであろう率直な意見を、ちゃんと伝えることの困難さです。

作品を発表する上で自由に表現しようとすればするほど、
写真を撮る以外での言語部分が如何に大きな比率を占めるかという事が、ここで露わになります。

感性を言葉に落とし込み、それを素直に表現するための心のガードを開くこと。
このプロセスは場数を踏んで慣らしていく他ありません。

とある参加者の声として、『矢野さん、しばらく写真が撮れなくなるかも知れません。』という言葉がありました。
僕はそれが本人にとって一番の成果ではないかと考えています。
そこまで初めて自分の中にフィードバックしながら作品と向き合えたということなのですから。

参加した人が前向きな悩みを持ち帰って、自分の作品に活かしていくキッカケをつかめるような、
そんな会を目指して、次回も開催予定です。

一緒に言い合いたい方達の参加を、心待ちにしています。
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/2518-4ba27086












xx HOME xx