FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

ポートレイトについて思うこと 
2014/08/14 /07:05
ポートレイトには色々と複雑な想いがある。
考える度にモヤモヤしてしまう理由は幾つかあるが、特に大きいのはモデルと撮影者との関係性。
いわゆるポートレート展に行くと、その被写体の多くは『綺麗』で『若い』女性モデル。
そして撮影者の大半は男性カメラマンだ。
なぜモデルは『綺麗』で『若い』必要があるのだろうか。

僕はポートレイトという言葉を聞いて、
1-2人の被写体を相手に向き合い、その人間性と関係性を写し取ったものを想像する。
その対象は漬物屋のオバちゃんでもいいし、飲み屋で赤い顔をしたオッサンでもいい。
粉っぽい肌のシワや、くすんだ表情なんかが目に浮かぶ。

ところが実際に催されている展示の大半はそうではない。
そのギャップが生じたところに、僕はモヤモヤを感じているのかも知れない。

自分がポートレイトを撮るとしたら、
その目的はあくまで被写体と向き合いながらその内面を引き出すこと。

可愛いモデルを撮ることでもないし、仲良くなることでもない。
会場に連れてきてドヤ顔することでもない。
もしそれが目的なら、ちゃんと下心とムラムラが伝わるような作品にしたい。

可愛い女性モデルを撮る作品が、被写体と向き合ってないというのではない。
写真を撮ることを口実にして・・、という下心が透けて見えるような場合に、
僕はとても違和感を感じてしまうのだ。

ポートレイトはいつも、撮影とは何か?という問いを投げかける。
雑感 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
H.O
2014.08.14 (07:40) xx URL xx EDIT
僕も同じように思うこと多々あります。
それからヨーロッパ等異国情緒を感じる国に限らず開発途上国等に写真好きの方がよく行かれ人々の写真を撮られたりしますがそれに違和感を感じる事もあります。
全てではございませんが・・
矢野 巌
2014.08.14 (09:01) xx URL xx EDIT
>HOさん
撮影を目的とするか、あわよくばを目的とするか、そこの違いが透けて見えると違和感になるのでしょうね。

途上国の経済的には貧しい方々を撮って『たくましい』『目が輝いている』という写真は、僕も違和感を感じます。
純粋な優しさで撮っている場合も多いですが、こんな人たちにレンズ向けている自分って優しいでしょ?
という気持ちが透けて見えることも多いです。

意外と写真には、そういう裏側の感情も出るんですよね。


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/2527-c52c497e












xx HOME xx