FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

眼を閉じて見えるもの 
2014/09/02 /07:05
盲導犬を連れた人が店を利用する場合、店はそれを拒否してはならないという法律があることを知っている人は多くない。
(もちろん一方的な権利ではなく、よほどの不利益や損害が予想される場合には適用外となる)

先日、盲導犬ユーザーを連れて都内を観光するというイベントに携わった。
幾つか喜ばれそうな店をピックアップして、前日の下見に行ったときのこと。

浅草で老舗かつ名店と呼ばれる店。
店内は決して狭くなく、道路に面した側には若干の余裕もある。
決して値段は高くなく、古さが取り得の賑やかな大衆店だ。

その中で最も端の席を選んで座り、注文を取りにきた女性に聞いてみた。
『明日、こちらに盲導犬を連れた方を連れてこようと思うのですが、差し支えないですよね?』と。

すると女性店員の顔は困惑に変わり、代わって責任者と思われる男性が出てきた。

結果はお断りしますとのこと。
盲導犬自身は訓練されていて決して粗相や暴れることはない、
毛も飛ばないように服も着せている、
他のお客様の迷惑にならぬよう最も端の席で構わない、
カレコレこんな法律もあるのですよと、話をしてみた。

男性は柔らかく、しかし決して引かぬ様子でこう続ける。
『はい。その法律は知っていますが、店としてはご遠慮願いたいです』
『では、ご自身が逆の立場だったらいかがですか?』
『・・・』
『何か明確な理由がありますか?』
『・・・・・・』
『きっと同じ立場になってみないと分からないのかも知れませんね。残念ですね』
『そうですね』

という一連の遣り取りをし、これ以上は却って今後の盲導犬ユーザーの心象を悪くすると思い、挨拶をして店を後にした。

実は、店に予め確認を取るのはトラブルの元だと聞かされていた。
当たり前の態度で堂々と入ればよいと、協会の方からは聞かされていたのだが
、万が一トラブルがあっては観光気分を害してしまうだろうと考えての行動だったのだが、
結果としては入れたかもしれない店を一つ減らしてしまったことになる。

盲導犬を連れていると日常茶飯事のことで。彼等はもう慣れっこになってしまっているという。
これだけ世間的に知られていて、身近に居る盲導犬や眼の見えない人たちの現実は、まだまだこういうこと。

今回はたまたま眼の見えない人に対する話だったが、
いわゆる普通の人たちと少し違う人たちの世界には、これだけの溝がある。
全てを埋めることは出来ないが、例えばこの世界ならば、少し眼を閉じてみるだけでも想像することはできる。

喫茶店の男性が決して悪いのではない。
単に想像力の問題だ。

その後、一階にオープンカフェを構える新しいホテルで同じ話をしてみた。
そこではこちらが説明をするまでもなく快諾を得た。

新しい価値観や社会ルールとは、そういうものなのかも知れない。
別にボランティア精神や特別扱いは必要なく、ありふれた日常の一つとして互いに共存すればよいだけの話。
古くて新しい視覚障害や盲導犬との付き合い方は、実はまだ始まったばかりだ。

身体障害者補助犬法
(平成十四年五月二十九日法律第四十九号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO049.html

DSCF7467.jpg
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/2549-73379f80












xx HOME xx