FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【ブログ10周年記念② -僕がスナップを撮る理由-】 
2017/01/02 /19:05
2017年をもちまして当ブログは開設以来10年の歴史を刻むことができました。
つまり、写真を始めて10年が経過したことになります。
2010年の時点で一度ブログのデータが飛んでしまったため、完全には残っていませんが、
10年間ほぼ毎日、実に3600点以上の作品をアップし続けてきました。

ひとつの区切りということで、僕の写真に関するイロイロを書いていきたいと思います。

------

写真には多くのジャンルがあります。
その中で僕がスナップを撮り続ける理由について書いてみようと思います。

もともとはガーリー写真から始まったこともあり、スナップ写真には全く興味がありませんでした。
トイカメで観覧車や花やカプチーノを撮っては喜んでいたのですが、
気がつくと写真の端々にオッサンや子供が写り込むようになっていきます。
人間の行為というものは1回なら偶然でも、回を重ねれば持ち味。
つまり僕はどうも人間に目が向いていると気がついたのが、写真を始めて半年後のことでした。

そうは言っても現像して上がってくるのは、様子のおかしなオッサン写真や看板ばかり。
クロスプロセスのオッサン。ビビットカラーの仏像。
果たしてこんなものが写真作品といえるのか、僕は腕を組んで考える日々が続きます。
そこで偶然目にしたのが『塩竃フォトフェスティバル開催』の記事。
どうも応募して選考に通れば有名らしい平間至さんという方に見てもらえるらしいという話に僕は飛びつきました。
何も知らない勢いで応募してしまうのが初心者の怖さで、選考に通るのは初心者の強さ。

写真の何を聞いていいのか、何を話したらいいのか分からないまま赴いた塩竃。
僕は平間至氏、広川泰士氏から贅沢にもマンツーマンレビューを受けながら、
『こんなんでいいんですかねぇ・・?』
『いいと思いますよ。そういう目を持っているんだから。』という平間氏の言葉を貰えたことで、
この方向性のままスナップを撮り続けてみようとの思いを固めるに至ります。

再度の塩竃フォトフェスを経験しつつ、それから3年。
やはり偶然目にしたのが『御苗場』という日本最大の写真イベント開催の記事。
数百人の出展者と作品を競い合い、数名のレビュワーからの受賞を勝ち取るという場。
スナップという方向性に迷いはなかったものの、果たして僕の作品がどこまで通じるのかを試したかったというのがあります。
自分の撮っているものが果たしてどうなのか、正直まだ自信がなくて不安だったのです。
その結果として主催者であるテラウチマサト氏から賞をいただき、壇上で目頭を押さえつつスピーチしながら僕は確信することができました。
人の営みを撮り続けていくことには、替えられない価値があるということを。

僕の作品を見た人の多くは笑ってくれます。
普通の街中の人たちが見せる可笑しさや、ユーモラスな仕草。
それを見た人に伝えたくて撮っているから、笑ってくれるのはとても嬉しいことです。

これはまだ撮影時期からの時間が最大でも10年程度しか経過していないので、
単に面白いねという話ですが、これが50年経ったら、100年経ったらどうでしょうか?
今はそこに写っている『個人』を見て僕らは様々な感想を抱きます。
50年後にはやがてこれは日本人としての記録に変質していきます。
100年後には更に人間の記録として変質していくことでしょう。
ちょうど僕らが戦時中や幕末の写真を見ながら抱く感覚が、きっと生じてくるはずです。

100年ほど前に撮られた何気ない街のスライド写真を見て、僕は不覚の涙を流したことがあります。
知らない家族、知らない街、知らない暮らし、なのにどうにも胸に迫る。
そういう力が写真にはあります。

僕は撮られる側からすると迷惑極まりないことに、街中の人々を撮り続けています。
人々の生活というものが可笑しさや優しさに満ち溢れていて、全てが忘れられてしまうには余りに寂しいと考えるからです。
膨大な量の写真の中から、今を生きる人々の息遣いや声を次の世代に伝えていきたいと、本当に勝手ながら考えているのです。
この中から1枚でも残って、100年後の人が笑ってくれたらと。

10年前とは状況も変わり、スナップが犯罪としての行為に近づきつつあるのは残念です。
しかし個人情報の価値が大きく変化してしまったため、世の中が過敏になるのは至極当然であるとも理解しています。
うまく時代と折り合いをつけつつ、その折り合いの様子も時代の記憶として残していけたら。
そんなことを考えながら、今日も街中でシャッターを切り続けています。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/3423-925f3039












xx HOME xx