FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【ブログ10周年記念③ -いい写真って何だろう?-】 
2017/01/03 /19:05
2017年をもちまして当ブログは開設以来10年の歴史を刻むことができました。

ひとつの区切りということで、僕の写真に関するイロイロを書いていきたいと思います。

------

写真をはじめた頃から常に考え続けているテーマの一つに、
『僕にとって、いい写真って何だろう?』というものがあります。
おそらく写真を少しでもやっていると誰でも必ず突き当たるテーマでしょう。

『いい』という言葉の意味は非常に広く、明確な定義付けなどできません。

写真にいいわるいなどなく、全ての写真が等価であると思いますが、
作品としての写真について考えてみると、幾つかの意味や見方で分けることは出来そうです。

①『見た目』がいい
おそらく最もよく使われる意味だと思います。
構図がいい、色味がいい、額装がいい、ボケ味がいい、紙がいい、などなど、もしも審査員として採点するなら基準にもしやすい見方でしょう。

②『雰囲気』がいい
なんだかよく分からないものがユラユラ写ってるけど、その不穏さがいい。
ピントも色もメチャクチャだけど、その不完全さがいい。
僕の出発点でもあるガーリー写真なんかは、ここに含まれることが多いことでしょう。

③『被写体』がいい
とにかく美女が写っているのがいい。
かわいい動物が写っているのがいい。
雄大な風景が写っているのがいい。
などなど、評価の第一印象が被写体の印象に左右されやすい見方かも知れません。

④『奇抜さ』がいい
何故かオッサンが七色に輝いていていい。
何故か全裸の男女が釣堀で金目鯛を釣っていていい。
などなど、アイディアや斬新さがよしとされるので、最も自由な見方かも知れません。

⑤『関係性』がいい
被写体同士の関係性がいい。
撮影者と被写体との関係性がいい。
家族写真や恋人写真など、人間同士の写真がこの見方で見られることが多そうです。
ここには距離感も含まれそうです。


挙げていけばもっとありますが、ひとまずこの5つで考えてみます。

いい写真だと感じる時、僕はどのような流れで見ることが多いだろう?と自分の思考を辿っていくと、


②『雰囲気』
見た瞬間に感じる雰囲気。
まだ何が写っているのかさえ理解してない、コンマ数秒の感覚で足を止めます。

③『被写体』
何が写っているのだろうと目を凝らし、徐々に作品を理解し始めます。
これは確認作業に近いです。

⑤『関係性』
最も長い時間を掛ける部分です。
明暗、構成、表情などを読み込んでいき、作家や被写体の心情を更に深読みしていきます。
写真によってはここで、頭の中に音楽や声が聴こえてくることもあります。

①『見た目』
読み込んでいき、一旦写真から離れて俯瞰することで、全体の収まりのよさを見ていきます。

④『奇抜さ』
コンセプトや斬新さを考え始めます。
特にキャプションを読むのは最後の最後なので、読んで初めて斬新さに気付くこともあります。


写真の個性やその時の心情によって順番や重みが変わることはありますが、多くの場合『雰囲気』と『関係性』が大きなウェイトを占めていることが分かりました。

分類しておきながら曖昧極まりない単語に着地しそうですが、
雰囲気というのは他の3つ(奇抜さはやや外れます)が高い水準で揃うか、どこかがズバ抜けていないと醸し出せないもので、
名作や選に残るような作品は、見た瞬間の訴求力が非常に強いものです。

そこで、僕の惹かれる雰囲気をアレコレ思い浮かべると、どうやら関係性が訴求力として強く浮かび上がっている写真が多い傾向にあるようです。
関係性は距離感でもあり、それは作家の感情から生じるもの。

つまり、僕にとっての『いい写真』というのは感情の伝わる写真であることが多いようなのです。
(その点では家族写真こそ無敵の写真だと思います)

写真なんて目の前にあるものを薬剤の反応や画像素子で表現しただけのもの。
それ以上でもそれ以下でもないのに、感情なんてものを読み取ろうとしてしまう。感情を表現しようとしてしまう。
人の感情の紡ぎ出すものは、実に不思議なものです。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/3424-c7938667












xx HOME xx