FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【Nicolas janowski との写真談義】 - T3 PHOTO FESTIVAL - 2/3 
2017/06/06 /07:05
フォトグラファー Nicolas janowski 氏。
T3 PHOTO FESTIVALプロデューサーである速水惟広氏からの縁で、
彼は僕の家に数日ホームステイすることになった。

※ 略歴 ※
アルゼンチン ブエノスアイレス出身。
先日開催された『T3 PHOTOFESTIVAL』で、講演・レビュアーと務めたNicolas janowski。
国際的なアワードを幾つも受賞し、キュレーターとしてのイベントも多く手がけつつ、
人類学者としても時おり大学で教鞭を取っている。
http://nicolasjanowski.net/Home/

夜に上野で合流し、我が家へ到着。
僕に見せたい物を持ってきたと、彼は大きな荷物の中から何冊かの本を取り出した。
それは彼の掲載されている本であったり、深瀬昌久や森山大道の写真集。
森山大道の写真集を開いて見せながら、『サイン入りなんだよ!』とニコニコ笑う。

もう1冊の『深瀬昌久/Ravens』は、以前1度だけ藤井ヨシカツ氏に見せてもらって以来、憧れの写真集。
彼が持ってきたのは最近復刊されたばかり未開封品だった。
『見なよ!』と彼は差し出すけれど、未開封を開けるのは忍びない。
先にニコラスから見て欲しいと言っても『いいから見なよ!』と聞かないものだから、
最大限の丁寧さで開封する。

本当に好きな写真集でもあるし、僕は1ページづつゆっくりと進めながら、つい無言になってしまう。
彼はそんな僕を眺めながら、ずっとニコニコしているようだった。

『中学生や高校生の頃、大好きなミュージシャンのCDを買った時のことを覚えている?』と、僕は彼に尋ねる。
『覚えているよ』と彼。
『急いで家に帰って、プレーヤーにCDを入れる時のことを?』
『ああ、覚えているよ』
『その時の感覚にとても似ている』
『分かるよ』
『写真集って、音楽にとても似ている気がするんだよ』
『その通りだよね・・』

と、やっぱり彼はニコニコしながら言い、
東京の夜は更けていくのでした。
雑感 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/3584-f5a40ff7












xx HOME xx