FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/11
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

【個人としての展示の総括と御礼】 
2017/11/17 /19:14
DSCF0605_R-1.jpg

先日、写真集団シメンソカ写真展『写☆進化論』が無事に終了し、
お陰さまで約400名の来場者に恵まれました。

ご来場、並びに気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回は『おじさん天国』と銘打ったシリーズをまとめて展示しました。
10年前に写真を始めてから、ほぼオジサンを撮り続けてきたのですが、
それは街中スナップの要素であっても、決して主題ではありませんでした。
初めてオジサンのみに絞って展示をすることで、見えてきたことがあります。

今まで人にスナップ作品を説明する際は、
『世の中には、面白いこと、可笑しいこと、切ないことが満ちていて、それを伝えたい』
という旨を話をしていたのですが、オジサンを主題に据える事で、
自分が何故に街中スナップを撮り続けているかが改めて見えてきたのです。

それは『みんな生きてるんだ』ということを、残したいということ。

みんな笑ったり泣いたりしながら生きていて、
それは金持ちでも貧乏でも、偉い人でもダメ人間でも、幸福でも不幸でも同じこと。
境遇に違いはあっても、みんなが必死に生きているのは同じで、
殆どの人は名前も残さずに消えていってしまう。

僕はそれを少しでも撮り貯めていきたい。
この時代に一生懸命に生きた人たちの姿を、少しでも残していきたいです。
その中には自然と面白さや可笑しさ、切なさ、愛おしさが写り込んでいく事でしょう。

ということを、今回の展示を通じて気付くことができました。


シメンソカとしての総括とお礼は後日として、
本文を以て個人としての総括と御礼とさせていただきます。

これからも撮り続けて行きますので、よろしくお願いいたします。
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/3754-768f232a












xx HOME xx