FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/09
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

塩竈フォトフェスティバル・まるごとカメラの部屋編 
2008/03/24 /21:59
昨日に引き続き塩竈の話です。
ワークショップとして企画された、広川泰士さんによるまるごとカメラの部屋。
公民館の一室を、ピンホールカメラにしてしまうというものです。

出来た写真はこちら。

CA390483.jpg


僕ら約15名の参加者が通されたのは、目張りされて真っ暗になった部屋。
中には暗室で使われる赤いライトが怪しく光っています。

写真家というよりは科学者といった風情の広川さんが、にこやかに原理を説明。
壁に空いた小さな穴、そこに直径10センチ程のレンズが一つ。まさしく巨大ピンホールカメラ。

一枚が畳ほどの大きさのある印画紙を使い、
次々と写真を写してはセメント用バットに浸して現像を行います。
巨大な印画紙から景色の浮かび上がって行く度に起こる歓声。

4枚ほど試し撮りをしてから、皆で記念撮影をすることになりました。
外に出て写るチーム、室内で写真を作るチームに分かれます。
僕らは話し合いの結果、『LOVEハート』の人文字を作ることに。『LOVEフォト』にちなんでです。
その様子はこちら。

CA390479.jpg

もう一チームも同じように記念撮影。
そして使った印画紙は、なんと洗濯物のように引っ掛けて洗い流すのですが
晴れ渡る空の下ではしゃぐ大人たちを見つけ、塩竈っ子たちも興味津々。
なんともいえない穏やかな空気といいますか。

PAP_0505.jpg

PAP_0498.jpg

CA390481.jpg

最後は撮り終わった六枚をホールに運び、それをバックに記念撮影。
誰もが子供のように目を輝かせていたのが印象的。
広川さんのマイルドな人柄もあり、参加者の皆さんも暖かい人ばかり。
本当に面白いイベントだったと思います。
また是非とも参加したいものです。
塩竃フォトフェスティバル * Trackback(0) * Comment(8) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
iso
2008.03.25 (22:13) xx URL xx EDIT
ワークショップ良かったですね。完璧に子供に戻ってしまいました(笑)
カメラの中に入る体験はなかなかできませんよね。レンズから入る鮮明な像にびっくりでした。
家に帰ってから、Photoshopでポジにしてみたらホント綺麗に撮れてましたよ。
来年は、ポートフォリオも参加したいと思っています。
またお会いできるのが楽しみです。
スメハッチャン
2008.03.25 (22:28) xx URL xx EDIT
>isoさん
コメント有難うございます。
本当に面白かったですね。科学の実験みたいな、童心に返れる時間だったと思います。
フォトショップでポジ反転とは・・、その発想はありませんでしたよ。僕もさっそくトライしてみます。
来年はお互いポートフォリオで競い合いましょう!
きっと倍くらいの応募が集まるんでしょうけど、今から凄く楽しみです。
うさぎ主義者
2008.03.25 (22:49) xx URL xx EDIT
一部屋丸ごと巨大ピンホールカメラ、、すごい面白い試みですね!
できたネガポジ反転の写真もカッコいいです。
この記事を読んで、「カメラオブスキュラ」という言葉を思い出しました。塩竈のこのプロジェクトも新しいインスタレーションアートのようでもあり、カメラの原点に立ち返ったようでもありますね。
スメハッチャン
2008.03.25 (23:06) xx URL xx EDIT
>うさぎ主義者さん
そうなんです。まさにカメラオブスキュラ。
かのフェルメールも、これを使って絵を描いたとか。
本当に単純な原理なんですが、単純なだけに面白い。
フォトフェスは第一回ということもあり、手作り感たっぷり。
肩肘張った敷居の高いイベントではなく、誰でも参加できる暖かなイベントでした。
来年参加されては・・!?
荒巻
2008.03.26 (20:02) xx URL xx EDIT
こんばんは。
映っている大人の皆さんから、子供のようにただもう写真が大好きなんだよ~~っていう想いが伝わってきて、なんだか嬉しくなりました!
レビューの広川さんとのやりとり、現場を想像して笑ってしまいましたvv
平間さんの「簡単に撮られた写真は流される」っていうお言葉は、写真だけでなくモノを生み出す全てのコトに言えるのかもしれないな。。。と、色々と反省しました。
素晴らしいレビューをありがとうございました!
かさこ
2008.03.27 (00:05) xx URL xx EDIT
ピンクのエプロンは広川さんですか!?
わーすごい貴重!
お互い仙台放送に映っていましたよー。
今日のお昼頃まではネットで見れたのですが、消されてしまって残念。
スメハッチャン
2008.03.27 (00:29) xx URL xx EDIT
>荒巻さん
そう、みんな本当にキラキラしてました。
趣味の世界は他人から見るとつまらないものですが、写真好きな参加者にとっては最高のひと時でしたよ。
広川さんには悪いことをしたなぁと、今も反省してます。
これからはフザけていながらも、流されない重厚な写真を撮りたいと思います。・・多分。
スメハッチャン
2008.03.27 (00:32) xx URL xx EDIT
>かさこさん
コメントありがとうございます。
仙台放送は、ばっちりチェック済みです!
お互い映ってましたね。僕はインタビューで5分くらい喋ったのに全部カットという切なさを噛み締めました。
ピンクエプロンは広川さんです。
あんなおじさんなのに、妙にピンクが似合うんです。
いい年の取り方をされてるなぁと思いますね。
今後もどうぞ宜しくお願いします。


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/386-fd3b0648












xx HOME xx