FC2ブログ
 カメラ仲間でも見つかればと思い、ブログを始めてみました。コクのある写真を気楽にアップしていきたいと思います。コメントやリンクも気軽にどうぞ。
 Copyright © Camera freaks a GO! GO! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2018/11← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2019/01
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

スメハッチャン

Author:スメハッチャン
本名:矢野 巌 (Iwao Yano)
Twitter:@iwao_photolife
FaceBook:Iwao Yano
Instagram:iwao_photolife

どうやら世の中には、
面白いことがあふれ返っているみたいです。

会社員生活の中で時間を見つけては
カメラでそんな風景を切り取る日々です

写真仲間も絶賛募集中。
気軽にコメントください♪

・2008年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2008年 ダ・ヴィンチ BCCKS 写真集公募展
 一次選考通過

・2009年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2011年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー/PHaT PHOTO編集長
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 受賞

・2011年ニューヨークフォトフェスティバルへ
 日本選抜メンバーとして出展

・2013年 CP+ 「御苗場」
 総合プロデューサー
 テラウチマサト氏 レビュアー賞 ノミネート

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・野毛大道芸フォトコンテスト2013
 2作品入賞

・2014年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION
 一次選考通過

・2016年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2018年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオ選考通過

・2013年 塩竃フォトフェスティバル
 ポートフォリオビューイング
 平間至氏の推薦により出展

・2011年PHaT PHOTO 5-6月号
 2ページ掲載

・2011年PHaT PHOTO 7-8月号
 ちょっと掲載

・2012年PHaT PHOTO 7-8月号
 作品集が掲載

・2011年09/11 御苗場 in NY
 作家としてトークイベントで講演(動画は↓)
 http://www.ustream.tv/recorded/17200106

・アスカネットさんのWeb上で作品集を公開
 http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/onaeba/

・アスカネットさん青山ショールームで、作品集を永久展示

・御苗場Selected Photographers
 東京・大阪での巡回展
 塩竃フォトフェスティバル連動企画での展示
 他グループ展など、出展多数

・写真集団シメンソカ所属

since 2007/03/06




カテゴリ




最新コメント




リンク




FC2カウンター




月別アーカイブ




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to Camera freaks a GO! GO! !!
やりたいと思う人10000人 始める人100人 続ける人1人
写真、楽しいです。
ずっと撮り続けていたいです。
続ける1人になりたいです。

平間至写真展『Still Movies』について 
2018/09/22 /07:05
僕は年間100-150程の展示を彷徨います。
その1つ1つが素晴らしいもので、多くの感銘と学ぶべきものを与えてくれます。
今回はその中からこちらを取り上げたいと思います。

平間至写真展『Still Movies』

池尻にある平間写真館TOKYOと同ビル内の隣にあるのがCAFE SUNDAY。
これだけの写真家であれば、普通はギャラリーを貸し切っての長期展示となるところ。
お隣にあるカフェでそのまま展示というのが、店や人とに垣根のない人柄を感じさせられる。

店内は白壁の瀟洒な作りで、壁に平間氏の出世作である写真集『MOTOR DRIVE』を中心とした作品が並ぶ。
『Still Movies』というタイトルは1993年の初個展時のもの。
デビューアルバムのタイトルを改めて使うような感覚は、ミュージシャンでもある平間氏ならでは。
ちょうど1995年にMOTOR DRIVEを刊行した当時のこれらはカッコ良く、荒々しく、
今まさに時代を駆け上がっていくスピードに満ちた写真は、青春の記録そのものでもあるに違いない。

1-DSCF1907.jpg

カフェ奥のパーティルームではタワーレコード『NO MUSIC,NO LIFE?』の名作ポスターが全面に展示されている。
主に近年撮影されたものが並び、1枚1枚に添えられたミュージシャンの言葉は読むのも楽しい。
これらは若い頃と同じように躍動感がありつつも、明らかにテンポが異なる。
写真がモノクロだからか、動きつつもブレなどのない商業ポスターだからか。
そんな表面的な違いではなく、写真から聴こえてくる音が違う。

Still Moviesの頃は『叫び』を、NO MUSIC,NO LIFE?は『声』を捉えていると言えばいいのだろうか。
1枚1枚のポスターが物語を持って実に雄弁に語り掛けてくる。
写真家の内面を合わせ鏡のように被写体から引き出すとすれば、それは即ち平間氏自身の変化でもあるのだろう。

2-DSCF1908.jpg

ポスターの下には数百枚のCDアルバムが詰まれていた。
安室奈美恵、SPEED、GLAY、ゆず、バンプ、エレカシ、テイトウワ・・、
90年代を彩るミュージシャンから星野源、シシドカフカ・・など現在に続くジャケ写の数々。
これだけ多くの被写体と向き合いながら求められる写真を撮り続けていくことは、どれだけ魂を削り続けることだろう。

そんな中、NO MUSIC,NO LIFE?から1枚だけ離れた場所に、平間氏自身の所属バンドである『CHEAP PURPLE』のポスターが貼られていた。
中学の頃から付き合いのあるというオジサン達が最高の笑顔で笑っている。
魂を削る日々で本当に大切にし続けている物が何なのか、この1枚だけで自ずと見えてくる。
この後ろ側には決して華やかではない無数の日々の生活が見えてきて、僕はしばらくそこから離れることができなかった。

3-DSCF1906.jpg

前回のStill Moviesから25年。
音のない、静止しているはずの写真に、被写体の物語が映画のように残されていく。
それぞれ別個の写真がコマ送りのように繋がりを持ち始めては映画のように時代を紡いでいく。
写真が写真を超えて、Moviesとなっていくのだろう。
写真展 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sumehachi.blog133.fc2.com/tb.php/4085-fc65dfaa












xx HOME xx